スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年6月28日(火)宣言

晴れ。真夏の陽射し。

昼、「DEAN & DELUCA」のジャンバラヤ700円。

夕方、吉祥寺のギャラリー「feve」へ。仕事でお世話になっている先輩の展示「ALOHA TAILOR OF WAIKIKI 2011 SUMMER!」を観る。先輩はハワイ・マニアで、古いアロハの生地を仕立て直したシャツやスカート、ポーチなどを展示販売している。派手な柄なんだけど、色あせてノスタルジック。プレゼント用に花柄のトートバッグをひとつ購入。

ギャラリーを出たところで、FUNERAL MOTHセントウさんからメール。「今日飲まない?」というお誘い。「今ちょうど吉祥寺です」と返事をすると、隣駅に住むセントウさんがすぐ来てくれた。おれは「1杯だけ呑んで職場へ戻る」と宣言。居酒屋「ふじもと」のカウンターに並んで乾杯。

お造り3点、エビしんじょ、空芯菜ととんぶりのサラダをいただき、生ビール3杯と冷酒をやっつけるころには「1杯だけ」は吹き飛んでいる。「ふじもと」を出て「komagura cafe」へハシゴ。店名はカフェだが日本酒の品揃えが面白く、店員さんに味を説明してもらって「宝剣」「独楽蔵(こまぐら)」「鷹来屋(たかきや)」を選ぶ。ZOMBIE RITUALベースのJasonもやって来て、終電まで歓談。首のロープを忘れられたひとときでしたが、もちろん仕事は進んでいない。

聴いた音源
◆STEELGAR「Xenocide」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2011年6月27日(月)快眠

曇り。
朝7時過ぎに出勤。

朝、「しぶそば」のイカ天丼(小)とせいろのセット580円。
昼、「キミドリ」のドライカレー600円。夜は立ち呑み、昼は弁当を売る店。なんだかぼんやりした味のカレーでした。「やさしい味」と「調味料が足りない」は別物。
夕方、ヤマザキのランチパック(ハムマヨ)140円と缶ビール。
深夜、ヤマザキのランチパック(ツナマヨ)150円と缶ビール。

首に巻きついたロープがいよいよきつく、快眠だけが取り柄のおれが眠れなくなってきた。明け方にふとんに入るが2時間で目がさめ、仕方なく朝日の下で呑みなおし。キリンラガーの苦味を噛みしめつつ、大粒のにわか雨の音を聞く。

●きょうの読了本
マンガ『他人暮らし』谷川史子 集英社クイーンズコミックス

聴いた音源
◆STEELGAR「Xenocide」CD
◆WITCH HAMMER「The Lost Tapes」CD
ノルウェー産パワーメタル、2001年セカンドフル。録音は91年で、デモとして発表されていた曲もあるらしい(クレジットがはっきりしない)。ハリス・ジョンズ作品を思わせる硬質な音と安定した演奏で、ドラマティックに展開していくパワーメタル。メロディやスピードに頼りすぎず、実直に刻みまくる硬派な曲調です。マイク・ハウ在籍時のMETAL CHURCHとかHEATHENとか好きな人におすすめ。他に、スイスのAPOCALYPSEを思い出した。


ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年6月26日(日)火薬

朝10時から新宿でZOMBIE RITUAL練習2時間。7月10日のライブ(詳細下記)に向けて。

スタジオ後は、メンバーみんなでいつもの中華屋「達磨」へ。ナスとひき肉の炒め、ニンニクの芽と豚肉の炒め、生ビール4杯。

解散して、おれはひとりで湘南新宿ラインに乗り込む。鎌倉の友人宅へ遊びに。6人でベトナム料理をいろいろ作り、食べる。ビールほか酒も多種多様。

友人宅は、古い木造の平屋。庭にはさまざまな植物が茂り、スモモの実が色づきはじめていたり、アジサイが見事に満開だったり。その紫色に夕日の朱が射したときは、呆けてしまうほどの美しさだった。

日が暮れると、庭に出て花火で遊ぶ。白煙とともにたちこめる火薬の匂いがなつかしい。線香花火がちらちらと消えたところで、誰かが「もう夏が終わったみたい」と言う。

ふたたび湘南新宿ラインに乗り、22時ごろ帰宅。手と顔を洗って酔いをさまし、昨晩の仕事とメールの続き。深夜まで。

〈ZOMBIE RITUAL、次のライブは7月10日です〉
罵倒流鷹企画第二弾「サマージャイアントカーニバル」
7月10日(日)新大久保アースダム
出演:SCAMP、VELVET WORM、KTZ、ZOMBIE RITUAL、BATTLE HAWK
18時オープン/18時半スタート
前売1800円/当日2000円
強烈に濃いラインナップ、ぜひご来場ください。

聴いた音源
◆WITCH HAMMER「The Lost Tapes」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年6月25日(土)小昼

午前中、引越しの件で不動産屋と相談。

その後、仙川まで移動してカフェ「小昼(こびる)」で昼ごはん。野菜の料理がいろいろある。定食をたのむと、おちょこくらいの小さなおかずが10種類くらい。野菜メインの店にありがちな「健康っぽいけどマズイ」ということもなく、楽しくたべられた。しかし酒は置いてないので帰宅して缶ビール。

今晩は新大久保アースダムでブラックメタルのライブをやっている。大阪のCATAPLEXYが出るから観にいくつもりでいて、そのCATAPLEXYのSadis Gordinn先生に連絡したら「事故に遭ったからライブはキャンセル」とのこと。おれも仕事がぜんぜん片づいてないし、今日は家でおとなしく働こうと決めた。持ち帰った書類のチェックとメールのやりとりを、深夜まで。初台WALLでひらかれている、メタルパンク企画も行きたかったけど。

一段落したところで缶ビールを3本呑むと、もう日曜の明け方。あわててふとんに入る。

●きょうの読了本
エッセイ『君がいない夜のごはん』穂村弘 NHK出版


聴いた音源
◆V/A「Metal On Metal III – Third Warning Of The Storms」CD
◆BEMDESAR「...Por La Victoria De Satanas!!!」CD
◆ISTIDRAJ「Blasphemised Perversion」MCD
◆MORBID SCREAM「The Signal To Attack:1986-1990」CD
◆VELVET WORM「死ぬにはいい日じゃない?」MCD
国産爆走ロックンロール、2011年の5曲入りミニアルバム。昨年ライブを観たことがあって、がらっぱちなお姐さん3人によるキャッチー&バイオレントなロックンロールに完全に魅了されました。で、待望の音源は、期待にたがわぬ熱さと疾走感。スウィングしつつも速い! そしてドスのきいたボーカルが耳に残ります。個人的には4曲目「W.O.M.B.」が特にかっこよく、歌詞の一節「売り物の暴力じゃ こんなに熱くはなれないだろう」にビリビリきました。


ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年6月24日(金)面白

晴れ。

昼、「武蔵屋」の中華弁当550円。
夕方、回転寿司「天下寿司」で5皿600円。

深夜に仕事場を出て、ひとりで渋谷の「十徳」へ。朝までやってる居酒屋。生ビール3杯、肉じゃが、イワシの梅シソ巻き揚げ。首に巻かれたロープは、今週も取れないまま。本を読んでいても、酒を呑んでいても、ギリギリギリギリという音が後頭部にのしかかる。

●きょうの読了本
エッセイ『どうかと思うが、面白い』平山夢明 扶桑社
実話集『「超」怖い話』『東京伝説』小説『ダイナー』などで人気の作家によるエッセイ集。身の回りのおかしな人たちのエピソードを集めているが、上記の本の著者だけあって「おかしな」の程度が激烈。「愉快な」とかじゃなく、血を見るレベルです。「こんなヤツがいてさー」という笑い話のように書いてあるんだけど、実は狂気と暴力のにおいがふんぷん。ここ数年でいちばん笑った本。


聴いた音源
◆V/A「Metal On Metal III – Third Warning Of The Storms」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年6月23日(木)結晶

晴れ。蒸し暑い。

昼、「DEAN & DELUCA」のジャンバラヤ700円。
夕方、「富士そば」のもりそば270円。
夜、ヤマザキのランチパック(ツナマヨ)150円と缶ビール。

金曜の明け方まではたらく。晩酌は缶ビール3本、肴にジャコをもさもさ噛む。

●きょうの読了本
マンガ『吐息と稲妻』谷川史子 集英社りぼんマスコットコミックス クッキー
短編4作+オマケ描き下ろし1編。セックスも打算も倦怠もなく、ただきらきらと「好き」が輝く王道少女マンガ。よく小説や映画をほめるときに「リアル」という言葉が使われますが、リアルじゃないからこそ生み出せる感動もある。日常世界には存在しない、純粋結晶。


聴いた音源
◆V/A「Metal On Metal III – Third Warning Of The Storms」CD

2011年6月22日(水)湿気

晴れ。朝はからりとした夏日だったが、午後にはどんどん湿度が上がる。

朝、「しぶそば」のイカ天せいろ530円。
夕方、立ち食い「玉川屋」でざるそば350円。
深夜、ヤマザキのランチパック(ツナマヨ)150円と缶ビール。

木曜の明け方に帰宅。大粒の雨が降ったりやんだり。部屋の空気を入れ換えようと窓を開けるが、入ってくるのは湿気のみ。缶ビール3本。

●きょうの読了本
マンガ『諸星大二郎ナンセンスギャグ漫画集・妙の巻』諸星大二郎 ジャイブ
マンガ『いつか見た青い空』りさり 新書館
マンガ『となりの関くん』1巻 森繁拓真 MFコミックス フラッパーシリーズ

聴いた音源
◆V/A「Metal On Metal III – Third Warning Of The Storms」CD
フィンランド産プリミティブ・ブラックメタル15バンドのコンピ(2009年)。おれはブラックというと、どんよりした演奏で狂気とノイズをビタビタたれ流すようなヤツが大好物。それも外に向けて暴発する狂人じゃなくて、ひたすら内向的なタイプ。
ということで、本作もRIDE FOR REVENGEの未発表曲2曲が目当てで買いました。泥酔した病人にHELLHAMMERをカバーさせたような、じめじめノロノロ這いずり回るサウンドが最高です。他にBLOODHAMMERやINCRIMINATEDなんかも、陰湿かつ偏執的で素晴らしい。未知のバンドでは、ネクロ・ドラムンベースを自称するSAASTAというのがズルズルでよかった。
コンピ全体としては、ファスト&メロディックなのが好きな人向けのバンドも入ってます。

2011年6月21日(火)放題

晴れ。陽射しは気持ちよいが、湿度が高い。

昼、自宅から持ってきた弁当。ごはん、塩豚と野菜のスープ。
夕方、ヤマザキのランチパック(ツナマヨ)150円。

午後6時前に地震(茨城県沖)。ぬるりと床が滑るような揺れ。土曜の震動といい、なんだか揺れ方が変わってきている気がする。

夜、仕事の打合せで「スイパラ」渋谷店へ。1480円で90分、ケーキが食べ放題のチェーン店。おれは初めて来た。高校生が部活や学校行事の打ち上げをするところだそうで(男子用にスパゲティやカレーも食べ放題)、予約しないと入れないくらい人気。入場時に代金を支払い、あとはバイキング形式で各自ケーキを取る。
客の8割は女子で、スレンダーではないがデブというほどでもない。直径20センチもある皿にケーキをびっしり載せ、何度もおかわりしている。おしゃべりそっちのけで食べることに集中しているのが、ちょっと意外。混雑してるわりに静かなんです。
それでも運動部らしい団体はにぎやか。おそろいのTシャツの男女はみんな、異性を意識しつつもケーキ食べたいし笑いも取りたいしで、高さ10メートルの平均台でメシくってるみたいな緊張感。その団体のすみっこに、誰ともしゃべらず、からっぽの皿をフォークでつついてる男子がいた。「おれの席はあそこだ」と悲しくなる。今日こそは誰かと仲よくなれるかも、と思って参加するんだけど、誰ともうまく話せない。毎回、絶対に。

職場に戻り、終電まではたらく。晩酌はイカとカブのマリネ、缶ビール3本。

●きょうの読了本
マンガ『諸星大二郎ナンセンスギャグ漫画集・珍の巻』諸星大二郎 ジャイブ
マンガ『おひとり様物語』3巻 谷川史子 講談社ワイドKCキス

聴いた音源
◆NEURASTHENIA「Your Omen」CD
◆V/A「Metal On Metal III – Third Warning Of The Storms」CD

2011年6月20日(月)喉仏

曇り。

首に巻かれた仕事のロープ、1本取れた。しかし別の1本は、すでにノド仏を潰しにかかっている。そのほかの複数本も、ピンと張りつめたまま。AUTOPSY「Severed Survival」のオリジナルジャケみたいな状況。

朝、「gooz」のサンドイッチ200円。
昼、「武蔵屋」の野菜メンチカツ弁当550円。
夜、回転寿司「天下寿司」で6皿720円。

昨晩モッシュしたため、あちこち筋肉痛。腕や脚には複数のアザ。ABIGAILみたいにライブを盛り上げられたら、と思ってるだけで十年以上たってしまった。自分のハードルは自分で越えるしかないのに。

終電で帰宅。缶ビール3本、ハム3切れ。

聴いた音源
◆NEURASTHENIA「Your Omen」CD
イタリア産スラッシュメタル、2009年セカンドフル。安定した演奏、音域は狭いが頑張って歌うボーカル、ザクザクのリフに切り込んでくるギターメロディ、ということで「うわーPARADOXみたい」とつぶやいちゃう一枚。ジャーマンメタルを下敷きにスラッシュしている感じ。でもメロディックなフレーズの入れ方はメロデス以降のもので、そのへんは21世紀のバンドだなと思わされる。よくも悪くも、安心して楽しめるクオリティ。中南米メタルのような驚きはないです。

2011年6月19日(日)粉砕

曇り。

洗濯、食器洗いに続いて、寝室のかたづけ。震災で崩れた書庫の整理は済んだが、寝室にも本棚があり、まだ崩れっぱなし。傾いた本棚がメタルTシャツを詰め込んだ衣装ケースを粉砕し、本が飛び散ったままになっている(それでこの3カ月、着られるTシャツが限られていた)。

まず本を部屋のすみにまとめ、本棚をまっすぐに直し、その下でつぶれた衣装ケースを取り除く。Tシャツ以外の古い衣類は捨てることにした。本の山は棚に詰め直さず、このまま引越しのダンボールに入れてしまおう。

一段落した夕方、新宿へ出かける。アンチノックで行われる、FUNERAL MOTHのライブが目当て。おれの知らないオーストラリアのバンドの来日公演で、日本のバンド5つが対バン。FUNERAL MOTHは前回の浅草ほど神がかってはいなかったが、出演バンド内でもダントツの暗さと遅さで目立っていた。おれはバンドとバンドの転換のたびにコンビニへ行き、缶ビールを仕入れて戻る。来日バンドはトリ前の出演、そしてABIGAILがラスト。爆走ロックンロールにモッシュが巻き起こり、おれもひさびさに暴れさせてもらいました。楽しかった。

会場では、RETURNのメンバーさんから「Rehearsal」CDRをいただいた。ありがとうございます。出店していたWeird Truthでは、ex-MERIDIAN PAINメンバーによる新バンド、NEGATIVEAIDGUERRILLA REALM「Vanitopia」MCDを購入。その際に店主から「これ、ものすっごいダサいからあげる」とオマケされたのがSTORM BREEDERのMCD。MOURNFUL CONGREGATION(オーストラリア)メンバーによるスラッシュだそう。どんだけダサいのか楽しみ。

立ち食いでカレーうどんをすすって帰宅。空きっぱらにビールを入れまくったので、体が冷えている。

●きょうの読了本
エッセイ『バカのための読書術』小谷野敦 ちくま新書

聴いた音源
◆NEURASTHENIA「Your Omen」CD

2011年6月18日(土)震動

夕方、自宅の床にすわって本を読んでいた。その床がぐらりと揺れたかと思うと、窓ガラスも枠ごとガタガタ鳴る。でかい地震、と思うや、一瞬でやんだ。テレビや携帯を見ても、地震情報はなし。突風か? 確かに揺れを感じたのだが。

夜は9時から新宿でZOMBIE RITUAL練習。終了後、スタジオ近くのコンビニで缶ビールを買い、路上で乾杯。ゆったりと、だらける。時間にすればほんの15分だが、貴重な空間です。

●きょうの読了本
マンガ『富士山』さそうあきら 小学館ビッグコミックスIKKI

聴いた音源
◆NEURASTHENIA「Your Omen」CD
◆UNHOLY「The Second Ring Of Power」CD
“10年ぶりくらいに引っぱり出してみた”シリーズ。フィンランド産ドゥームメタル、1994年セカンドフル。昨晩から突然このアルバムの曲が脳内を回り出したので、ひさしぶりに。
ドゥームにも様々なスタイルがあるけど、徹底的に虚無感を打ち出した一枚。たまにクラシカルなメロディはあるものの、基本的にはグルーヴもメランコリーも存在しない。不協和音とスペーシーなキーボードが演出するのは、ひたすら非人間的な雰囲気だ。冷たい宇宙空間に放り出されたような、過酷な虚無。女性ボーカルも入るが、決して歌い上げず、死体の歌のように抑揚がない。
ブラックメタルの標榜する“Anti-Human”を突き詰めると、暗い感情や暴力衝動ではなく、無感情に行きつくはず……そんなことを考えさせられる、名盤のひとつ(でもロゴが昆布に似てる)。同じフィンランドのBEHERITが、暴虐のブラックメタルから冷徹なダーク・アンビエントへと変化したことと呼応しているかもしれません。BEHERIT「H418ov21.C」アルバムも、この94年のリリースなのです。

プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。