スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年8月29日(月)穴子

晴れ。陽射しはまだ強いが、真夏の暑さは消えてしまった。

朝、「しぶそば」の納豆定食350円。
昼、「DEAN & DELUCA」の炙り豚と秋茄子のもろみ御飯700円。

夜、スーパー「ライフ」の穴子寿司370円。呉服屋の若だんなが毎回うなぎをたべて歩くだけのマンガ『う』(ラズウェル細木)を読んで、うなぎがたべたくなった。しかしそんな予算はなく、スーパーの穴子寿司でありし日のうなぎをしのぶ。あのふわふわの食感も、脳髄を揺さぶる香りもないが、「うなぎが存在するこの世界って素晴らしい」と念じつつ呑みくだす。

終電の時間に帰宅。職場から駅までの道すがら、缶ビール1本。最寄り駅を降りて「オリジン弁当」でマカロニサラダ100円を買い、缶ビール2本とともに晩酌にした。テーブルまわりにちらばった本を、だらだらと拾い読み。

●きょうの読了本
マンガ『う』1巻 ラズウェル細木 講談社モーニングKC
エッセイ『ガールフレンド』しまおまほ ブルース・インターアクションズ/発売 Pヴァイン・ブックス/発行

聴いた音源
◆SLAUGHTERED PRIEST「World Wide War」CD
◆DRUID LORD「Hymns For The Wicked」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2011年8月28日(日)給食

晴れ。

朝5時半に起床。昨晩は酔っぱらって早く寝たため、すっきり目覚める。洗濯、そうじ、引っ越し荷物の片づけ。

朝9時半から新宿で、ZOMBIE RITUAL練習2時間。9月11日の大阪ライブに向けて。
その後みんなで「三平酒寮」で昼ごはんにする。サバ塩焼、生ビール4杯。有線すらかからない簡素な店内は、客も店員もおっさんばかりで落ち着く。日曜の昼前というのに、酔っぱらいだらけ。

解散して、おれは湘南新宿ラインに乗り込む。港北の「IKEA」へ。スウェーデン発祥の巨大ホームセンター。新横浜駅から無料送迎バスで15分ほど。

広大な倉庫の中に順路がしつらえてあり、客は矢印に沿ってぞろぞろ歩いていく。テレビ台・テーブル・ソファ・じゅうたん・棚などをセットにした、「こんな感じの部屋はどう?」という展示が並ぶ。見たいのは棚だけなんだけど。

2時間も歩かされた挙句、出口直前の安売りコーナーでちょうどいい棚を発見。こんなコーナーがあるならここだけ見たいが、店としては途中でなるべく余計な買い物をしてもらいたいだろう。商品は全体に安っぽく、そのぶんちゃんと低価格という店でした。

棚ふたつの発送手続きを済ませ、店内の飲食スペースでおやつにする。名物らしい「スウェーデン・ミートボール」。小さなミートボール10個にホワイトソースがかけられ、コケモモのジャムとふかしたジャガイモが添えてある。給食を思わせる、うまくはないが懐かしい味。それとスウェーデンの缶ビール1本。

帰宅にまた2時間かかってうんざり。晩ごはんは通りすがりの中華屋で済ませた。チャーハンと瓶ビール。

聴いた音源
◆鈴木祥子「My Sweet Surrender」MCD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月27日(土)探棚

曇り。

ダンボールはまだまだ残っているのに、棚がいっぱいになってしまった。棚を買い足してから、開梱を続けることにする。

きのう立ち寄った「東急ハンズ」新宿店でも、目当ての棚はなくなっていた。以前にそこで買った、スチール棚がほしかった。なんの塗装も意匠もない、頑丈なだけの棚。

きょうは自宅近所のホームセンター「島忠」に行ってみる。中途半端におしゃれっぽい(つまり決定的にダサい)木製の棚ばかりで、そのくせ値段は高い。あした、また別の店に行ってみよう。

手ぶらのまま、ホームセンターから徒歩10分ほどの居酒屋「なみはな」へ。ちょっと早めの晩ごはん。マグロ刺、ハモ梅肉あえ、アジ塩焼、ヤマイモ梅酢づけ、生ビール3杯、日本酒1合。

聴いた音源
◆FURBOWL「Those Shredded Dreams」CD
◆PHANTOM BLUE「Built To Perform」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月26日(金)小物

午前中は晴れ。午後2時過ぎから暗く曇りだし、落雷と大雨。

昼、「武蔵屋」の和風ハンバーグ弁当550円。
夕方、「ドトール」のサンドイッチ390円。

夜にはだいぶ雨はおさまった。焼鳥「若竹」で晩酌。串2本、なめたけおろし、生ビール3杯。

帰宅して、引っ越しダンボールの片づけの続き。箱ごとに「本」「CD」「食器」などとマジックで書いてある。荷造りする人が、整理のために付けてくれた目印。「小物」とある箱をあけたら、ガンベルトと両腕に巻くトゲトゲが出てきた。確かに小物ではある。

聴いた音源
◆SLAUGHTERED PRIEST「World Wide War」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月25日(木)質感

曇り。降ったりやんだり。

昼、中華屋「麗郷」の鶏もも醤油煮飯850円。
夕方、ヤマザキのランチパック(ハムマヨ)140円と0%ビール風味飲料。

自宅書庫に棚を買い足すため、「東急ハンズ」渋谷店の収納家具コーナーを物色。WEBで探すほうがいろいろな棚を一気に見られるが、おれは実際の質感とか大きさを触ってみないと選べない。高さ・幅・奥行きの数値には表れない、たたずまいというか雰囲気というか。今日はまったく収穫がなかったので、こんど新宿店でも行ってみよう。

焼鳥「鳥竹」で晩酌。串2本、生ビール2杯。帰宅して一眠りし、明け方に起き出して引っ越し荷物の片づけ。CDのダンボールを4箱あける。棚は今夜であふれてしまい、あとは床にどかどか積み上げるしかない。再度の就寝前、喘息の発作。

●きょうの読了本
怪談『「超」怖い話Σ(シグマ)』加藤一/編著 竹書房文庫

聴いた音源
◆SLAUGHTERED PRIEST「World Wide War」CD
ギリシャ産スラッシュメタル、2009年セカンドフル。DESTRUCTIONやSLAYERを背景にしつつもパクリ臭はなく、きちんと自分たちの曲になっているユーロ・スラッシュ。ボーカルはブラックメタル影響下の粘着質な声だが(顔もコープスペイントしてる)、かけ声にはUSスラッシュ的なノリのよさも。演奏はがっちり安定、曲づくりのアイデアも豊富で、1曲ごとに「おっ!」と思わせるポイントがある。だらーっと聴いてても、いま何曲目かはっきりわかる感じ。
1点だけ惜しいのはドラムプレイ。弦楽器の人が兼任しているためか、安定感はあるが単調で、アクに乏しい。センスのいい専任ドラムが入ったらバケそうなバンド。
WWW

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月24日(水)百日

晴れ。

自宅から駅までの通勤路は、入り組んだ住宅地。古い下町で、ぐねぐね曲がる細い路地が迷路のようにつながる。狭い庭々には多種多様の花が咲き、路上にまで植木鉢があふれ、塀の上から枝葉がはみ出している。この夏は、1本の百日紅(サルスベリ)の白い花が楽しみだった。名前のとおり長く咲くが、先週の冷え込み以降、散り始めた。

昼、自宅から持ってきた弁当。いただきもののタイ風チャーハン。
夕方、「おむすび権米衛」のおにぎり2個340円。
夜、ヤマザキのランチパック(ハムマヨ)140円と0%ビール風味飲料。

居酒屋「十徳」で晩酌をしてから、木曜の明け方に帰宅。ダンボールを4箱あけ、CDを棚に収める。これはもう聴かないかなーというのがけっこう目につくが、売る決心はなかなかつかない。昔つまらないと思った音源を、10年ぶりに聴いたらかっこよかった、みたいなことがよくある。それに本には図書館があるが、CDやレコードには、そういう公的なストックがないので。

●きょうの読了本
マンガ『ママゴト』1巻 松田洋子 エンターブレインBEAMコミックス

聴いた音源
◆SLAUGHTERED PRIEST「World Wide War」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月23日(火)早暁

晴れ。蒸し暑さが復活。

昼、「武蔵屋」の豚しょうが焼き弁当550円。
夜、ベーコンのサンドイッチ280円。

出先で一杯ひっかけて帰宅。酔いにまかせて床で寝てしまい、4時過ぎに目覚める。夜明けの紫の光のもと、ダンボールを2箱あけてCDの整理の続き。階下や隣室に物音が響かないよう、静かに作業を進める。

聴いた音源
◆ENCOFFINATION「Ritual Ascension Beyond Flesh」CD
アメリカ産デスメタル、2010年ファーストフル。遅重系デスのファンの間で話題騒然(らしい)ということで買っていたCDを、ようやく聴いた。MORTICIANばりのくぐもったギターサウンドで空間を埋め尽くしており、リフはぼやけてるしドラムとボーカルのミックスはぎりぎりまで小さくしてるし、意図的に躍動感を排除したズルズルの音像。宗教的なSEで荘厳なムードをかもし出しているが、曲自体は割と簡素です。真っ暗な部屋で爆音でかけ、壁も床も体もびりびり震わされながら聴きたい。
余談ですが、ハゲかつデブのおっさんがふたり並ぶメンバー写真に親近感。ゴツい悪党ではなく、彼女いない歴=年齢なタイプのデブ。
encoffination
そんなこと言うなよ

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月22日(月)連発

雨。涼しい。

朝、駅売店のおにぎり2個310円。
昼、居酒屋「赤頭巾」のすき焼き定食750円。
夜、ヤマザキのランチパック(ツナマヨ)150円と缶ビール1本。

地震の多い一日。ビルがぬらぬらと揺れる。
携帯の地震情報に上がっただけでも、
4時42分 宮城県沖 震度3
7時5分 福島県沖 震度4
9時7分 十勝地方中部 震度4
17時36分 茨城県南部 震度3
20時23分 茨城県沖 震度3
21時21分 福島県沖 震度3
という有りさま。次の大地震におびえる。

火曜の明け方に帰宅。ピーマンと肉の炒め物の残りをつまみ、缶ビールで晩酌。引っ越しのダンボールを3箱あけ、CDを棚に整理した。ちょびっとずつでも進めないと、ダンボールに囲まれたまま年越しを迎えかねない。

聴いた音源
◆人間椅子「此岸礼賛」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月21日(日)八割

雨。寒いくらい。

家から一歩も出ず、ひたすら引っ越し荷物の片づけ。本とCDのダンボールを30箱ほど開け、棚へ移す。分類をし直したり、処分するものを選り分けたりしながら。絶対に読みきれない量の本をためこむために部屋を用意し、その整理に時間を費やして、読書する余裕がなくなる。いったい何をやっているのやら。(音源についても同文)

合間に食器洗いや洗濯。
昼は冷凍していた肉まん、夜はクスクスとモロカンサラダ。一日の終わりに缶ビールを呑みつつ、棚に収めた本とCDをしみじみ眺める。ダンボールはまだ半分のこっているが、棚は8割がた埋まってしまった。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月20日(土)地下

曇り。涼しい。

午後1時、浅草へ。「松坂屋」前の急な階段をくだり、東京でもっとも古いといわれる地下街に入る。いびつにくねる地下通路、低い天井には配管がむき出し。コンクリやタイルのいたるところにヒビが入っている。屋台のような規模の飲食店と占い屋、謎の健康法を謳う診療所(?)がでたらめに並ぶ。客はけっこう多い。

そのうちの一軒、タイ料理「MONTEE」に入る。冷房のない店内の空気を、業務用扇風機がおおざっぱにかき回している。ちいさなテーブル6つは満席で、みんな昼からビール。おれも生ビールをたのみ、魚介と春雨のサラダ、揚げたピータンと豚ひき肉のガパオで昼ごはんにする。料理は大変ゆっくり出てくるが、味はおいしい。口にしてすぐは甘いくらいなのに、あとからどんどん辛さが立ちのぼってくる。そこにビール。満喫。

それから蔵前のほうへ、10分ほど歩く。雑貨屋「in-kyo」。自宅で使う鰹節けずり器と生ゴミ入れ、結婚した友人に贈るフライパンを買うつもり。しかし久しぶりの店内はすっかり商品が入れ替わっていて、目当てのものはなし。すぐに隣町の「かっぱ橋道具街」へ足を伸ばしたが、何も見つけられなかった。こういう日もある。

夕方5時、渋谷へ。9人で仕事の呑み会。センター街の奥のほう、火鍋屋「小肥羊」。ぺらぺらの羊肉を、辛い煮汁でしゃぶしゃぶにする。ビールが進む。
満腹で店を出ると、唯一の女子の呼びかけでプリクラを撮ることに。若い女子1名を先頭に、酔った中年男性8人がぞろぞろゲーセンに入る。自動的に目が大きく写る機能により、とても気味の悪い写真になりました。
昭和のままひっそりと残っている喫茶店「Paris」で一息つく。みなで文字通りの世間話をしながらコーヒーを飲み、おれは一足先に辞去。これからZOMBIE RITUALの練習です。

夜9時から2時間、新宿で練習。9月11日の大阪ライブに向けて。解散後、珍しくギターのAlcoholと二人で呑む。駅前の「呑者家」。あんまり働かずに、本や音楽を楽しんで生きていけないかな……と幻のような話をする。店の掛け時計が狂っていて、終電を目指してダッシュするハメになった。

聴いた音源
◆ENCOFFINATION「Ritual Ascension Beyond Flesh」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2011年8月19日(金)椅子

朝は快晴だったが、9時を過ぎたころから暗い曇り空。
夜の人間椅子ライブまでに仕事を終えられるよう、ふだんより2時間ほど早く出勤する。

朝、「松屋」の朝定食350円。朝方の松屋は老いた客ばかりで、入院病棟の食堂にまぎれ込んだみたい。いつもの有線のかわりに鳥の鳴き声や川の水音が放送されているのも、ホスピスっぽい。

11時ごろから大雨になったが、午後には小降りに。開演直前の午後7時にO-WESTに着いたときには、傘がなくても歩けるくらい。

そして人間椅子のライブは楽しかった。完璧な演奏と歌、とはいえないが、音源に比べて格段に攻撃性を増した音がかっこいい。力強く押しまくるリズム隊に、耳に痛いくらいギンギンのギター。缶ビール片手に堪能しました。新作の「泣げば山がらもっこ来る」は、「MOTORHEADの弟分の、TANKというバンドみたいな曲が書きたいなと思って」なんて裏話が聞けるMCも楽しい。

焼鳥「若竹」で一杯ひっかけて帰宅。

●きょうの読了本
怪談『恐怖箱 蝦蟇』深澤夜、神沼三平太、高田公太 竹書房文庫
怪談実話集。「三輪車」「黄色い長靴」「六号の家」が印象的でした。とくに「黄色い長靴」は、自分も引っ越したばかりだったので。


聴いた音源
◆人間椅子「此岸礼賛」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。