スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年6月18日(月)夏味

晴れ。

晩酌は、きゅうりとささみの梅あえ、「セブン-イレブン」の豚タン、缶ビール3本、「グランドキリン」1本。
「グランドキリン」は新発売のビールで、缶ではなくスタイニーボトル。味も香りもやわらかくふくらむ感じで、おいしいけど、夏に出す味か?と思った。春とか秋のほうが合いそう。

聴いた音源
◆V/A「Thrash The Wall」CD
◆V/A「60 Minute Plus Heavy Metal Compilation」CD
“コンピを聴き返そう”シリーズ。1982年にNEAT RECORDSが出したコンピ・テープを、92年にCD化したもの(日本のテイチクより)。RAVEN、STEEL、CRUCIFIXION、GOLDSMITH、VALHALLA、JAGUAR、AXIS、PERSIAN RISK、DEDRINGER、VENOM、SABRE、WHITE SPIRIT、WARRIOR、ALIEN、HELLANBACH、FIST。小気味よい疾走感に青くさいボーカル、というNWOBHM風味が存分に楽しめる。そんな中、VALHALLAだけはWISHBONE ASHを彷彿させる叙情的ブリティッシュ・ハードロックで、じんわり沁みてくる佳品。あと昔から不思議なんだけど、なんで「Minutes」じゃなくて「Minute」なんだろう。
60minute_plus

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2012年6月17日(日)一息

晴れ。

吉祥寺で買い物。夏日にそわそわし、コンビニで缶ビールを買う。百貨店裏の広場、わざと日の当たる場所を選んで座り、一息に呑む。冷たさがまっすぐ体内を貫いて、至福の瞬間。文房具屋で一筆箋を買って帰宅。

聴いた音源
◆THE AWFUL TRUTH「s/t」CD
アメリカ産プログレッシブ・ヘヴィメタル、1990年の唯一のフルアルバム。ぶっといベースとミドルテンポ中心のドラムが曲の柱となり、ギターはその上で変幻自在。スラッシュばりに刻む曲もあれば、全編アルペジオの曲も、スペーシーなエフェクトを活用した曲もある。しかし全体には統一感があって、静謐で悲しげ。澄んだ声のコーラスが幾重にもかさなり、哀切なメロディを紡いでいく。抽象的な言い方になっちゃうけど、明け方の薄青い光みたいなイメージで、20年ちかく愛聴してる一枚です。
メンバー3人のうち2人はのちにGALACTIC COWBOYSを結成するが、やめた1人がメインソングライターなので、このバンドを“GALACTIC COWBOYSの前身”とは呼びたくない。(GxCxはGxCxで好きなんですけども)
awfultruth_st

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月16日(土)各駅

雨。

午後、各駅停車しか停まらない駅で、電車を待つ。誰もしゃべらない静かなホーム、まばらな雨の音だけが聞こえる。おだやかな数分。

夜はZOMBIE RITUAL練習。7月のライブに向け、セットを考える。7月7日(土)新宿のTOKYO DARK CASTLEは初参戦の企画、しかもセカンドフルの初売り。そして翌週14日(土)の仙台は、初めてバンドで訪れる街。どちらも勢いよくブチかましたいと思います。是非ご来場ください。

聴いた音源
◆PANANUFA「s/t」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月15日(金)東西

晴れ。

夕方、渋谷の新名所・ヒカリエの地下食品売り場へ。タイ料理屋「マンゴツリーデリ」で、ガパオ弁当530円を買う。巨大でビカビカした建物のイメージと裏腹に、ごはんの値段は500円から。渋谷の若いOLさんや学生向けだからか、ふつうのデパートより安め。牛丼よりは高いがコンビニ弁当と変わらない値段で、おそらく毒の量は圧倒的に少ないものが食べられる。ということで、最近はごはん時にしょっちゅうヒカリエをうろついている。OLさんたちにまじって。

聴いた音源
◆KATHARSIS「Kommando Metal」CD
◆V/A「Thrash The Wall」CD
“コンピを聴き返そう”シリーズ。1990年リリース、ROADRUNNER RECORDSによるコンピ。 KING DIAMOND、HELLOWEEN、MOTORHEAD、RAGE、RUNNING WILD、SODOM、PARADOX、ANNIHILATOR、OBITUARY、SEPULTURA、ATROPHY、XENTRIX、ROCHUS、GANG GREENが各1曲ずつ参加。ベルリンの壁崩壊の翌年ということで、このタイトルにジャケット。壁の前にKing DiamondとLemmyとカボチャが描かれてるのが微笑ましい。若い人は歴史の教科書でしか知らないと思うけど、その昔ドイツは東西に分断されていた。参加バンドもジャーマン多めになってます。
KING DIAMONDが、MOTORHEADもHELLOWEENも差し置いて1曲目に収録されており、ヨーロッパでの人気の高さ(日本での不当な低評価)がわかる。参加バンド唯一のデスメタルOBITUARYは、当時としては異様なズルズル具合。すごいインパクトだったのだと思われる。
thrash_the_wall

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月14日(木)終点

曇り。

夜、初めて降りる駅で仕事。練馬区の、知らない町。
打ち合わせを終えたあと、携帯で帰路の乗り継ぎを調べる。どの電車も池袋経由。あの殺伐とした雑踏に、今から足を踏み入れるのは気が引ける(池袋はなんだか怖い街、というイメージがある)。ルート検索をだらだら見続けていると、バスだけで帰る方法が出てきた。これだ。
ちょっとだけ電車に乗り、大泉学園で下車。吉祥寺までバスで南下する。灯りの少ない住宅街を、がらがらのバスでゆっくりと過ぎる。電車とちがって、車内も薄暗い。3人しかいない乗客は、みんな無言でうつむいている。ずっと終点に着かないような心細さ。
20分後、よく見知った吉祥寺駅に到着。ほっと一息ついて、コンビニで缶ビールを買う。ここから自宅ちかくまでは、使い慣れたバスですぐ。

晩酌は、スーパー「オオゼキ」の寿司(閉店前のセール価格)、缶ビール数本、角ソーダ割り。

聴いた音源
◆ELECTROCUTION「Inside The Unreal」CD
◆KATHARSIS「Kommando Metal」CD
ドイツ産ブラックメタル、3本のテープ音源をまとめた海賊盤。1~7曲目は1998年デモ「The Red Eye Of Wrath」、8~12曲目は1996年デモ「Into Endless Chaos」、13~20曲目は1999年DEATHCULTとのスプリット「Trident Trinity」より。DARKTHRONE「A Blaze In The Northern Sky」アルバムを凶暴化させたような王道ブラックメタルサウンドは、のちのアルバムと変わらず。それがデモらしい荒々しさで炸裂するので、プリミティブ好きにはたまらない一枚です。ディスクマンで聴いてるとやたらに演奏が途中停止してしまうのは、ブート品質なので仕方ない。
katharsis_kommandometal

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月13日(水)椅子

曇り。

晩酌は、肉団子・大根・キャベツのスープ、「ファミリーマート」の豚タン。缶ビール3本、赤ワイン、角ストレート。
睡眠不足が続いており、ビールを3本も呑めば眠くなる。でもまだ呑みたい。これ以上のビールは炭酸で腹がふくれるのでワインに切り替え、さらに朦朧。目が覚めて、かつ酔える、という理由でウィスキーをストレートで呑む。覚めるわけがなく椅子で眠りこける。

読み終えた本
◆絵本『にげましょう 災害でいのちをなくさないために』河田惠昭/著 河田惠昭、株式会社GK京都/編 共同通信社

聴いた音源
◆ELECTROCUTION「Inside The Unreal」CD
イタリア産デスメタル、1993年の唯一のフルアルバム。「20th Anniversary Limited Edition」と銘打たれた再発盤(2012年)を購入。「埋もれた名作」という決まり文句がありますが、本作はまさにそれ。初期DEATHに通じる、起伏の少ない這いずるようなリフを、すごく細かく刻む。そしてもろにJames Murphy風味のギターソロが切り込んでくる……ということで、PESTILENCE、SADUS、DISINCARNATEあたりのファンにおすすめ。
electrocution

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月12日(火)南欧

雨。

夜、仕事の呑み会。恵比寿のピザ屋「パルテノペ」。南欧風の内装にしてあるが、現実には日本の都心。フロアには座席がぎっしり詰め込まれ、テーブルとテーブルの間隔はほんの20センチほど。そんな近さで、右どなりのカップルは料理越しにキスを繰り返している。男女とも40歳くらい。そんなにイタリア気分か。

聴いた音源
◆ANGEL BUTCHER「25years Bleeding Ears」CD
ブラジル産スラッシュメタル、2012年の500枚限定CD。2010年EP5曲、2006年デモ4曲、1987-89年の4本のデモから6曲、録音年不明の1曲の計16曲収録。
元SARCOFAGOのドラムが在籍ということでいかにも南米な爆裂ぶりを期待しましたが、肩すかし。2000年台の曲は何も耳に残るところのないクロスオーヴァースラッシュで、目当ての80年代音源も、南米崩壊系を聴き慣れた耳には割とふつう。唯一の聴きどころは80年代音源のボーカルで、曲によってはブラックメタルばりの発狂邪悪スクリームが炸裂してます。
angelbutcher_bleeding

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月11日(月)無心

曇り。

夕方、ちょっと厄介な仕事の打ち合わせを終える。パッと気分を切り替えたく、晩ごはんは「餃子の王将」。席につくなりメニューもひらかず、「ギョウザ2枚と生ビール」。食べ、呑む、を無心に繰り返す。リズミカル。

終電で帰宅。晩酌はニンジンの白和え、缶ビール2本、赤ワイン数杯。

聴いた音源
◆TERRIBLE FEELINGS「Death To Everyone」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月10日(日)池辺

晴れ。夏の陽射し。

午後から、井の頭公園へ。吉祥寺の駅ビルでサンドイッチとサラダ、コンビニで缶ビール3本を買って行く。ZOMBIE RITUALベースのJasonもやって来て、池のほとりのベンチでだらだら昼酒。陽射しがやわらかくなったと思ったら、青空のあちこちで雲がふくらみ、やがて重たい灰色へと変わる。これは夕立が来る、と思って、手近な居酒屋に避難。

別の友人が合流したところで、入れ替わりにおれは辞去。すでに雨は上がり、いくらか涼しくなっている。
ふたたび駅ビルに寄り、生ハムとパン、赤ワインを買って帰宅。仕事の資料を読みながら呑み続ける。

聴いた音源
◆PANANUFA「s/t」CD
◆VALLEY OF FEAR「s/t」CD
イギリス産インダストリアル/ブラックメタル、2012年ファーストフル。元NAPALM DEATH~GODFLESHのJustin Broadrickと、ドローン/ノイズバンドSKULLFLOWERのメンバー2人の計3人によるインストゥルメンタル・バンド。ベテランの仕事とは思えない、えらく単調な打ち込みドラムが催眠的に反復され(音質もとくに工夫されておらず、安いリズムマシンのデフォルトの音を使ってる感じ)、その上でハーシュなノイズギターが幾重にも折り重なる。リズムとは対照的に、ギターのノイズ感は精妙にコントロールされている印象。ブラックメタル影響下の沈痛なフレーズが灰色の音で繰り返され、こちらの精神をじわじわ鈍麻させてくれます。すごく穏やかな気持ちになる。
valleyoffear_st

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月9日(土)美点

雨の休日。家にこもって、家事をやったり仕事の資料を読んだり。たまった洗濯物と食器を洗う。風通しがよく、室内干しでもTシャツがくさくならないのがこの部屋の美点。

晩酌は、コンビーフとパン。缶ビール数本、角のソーダ割り数杯。コンビーフは、缶をあけるときの動きがゼンマイを巻くのに似ていて好き。

聴いた音源
◆TERRIBLE FEELINGS「Shadows」Vinyl LP
◆VALLEY OF FEAR「s/t」CD
◆SUGAR STEMS「Greatest Pretender」7inch
アメリカ産ポップロック、2012年のセカンドEP。コンパクトかつキャッチーであることをトコトン追求した楽曲に、めちゃめちゃキュートな声の女子ボーカル。かわいすぎる(見た目ではなく、音が)。2曲だけですが名盤と思います。
sugarstems_greatest

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年6月8日(金)緑金

晴れ。

ケヤキ並木の歩道、片すみにカナブンが一匹、ひっくり返っていた。もぞもぞ動かす脚が、緑がかった金色に光る。夏が来た、と思う。

読み終えた本
◆マンガ『ウツボラ』全2巻 中村明日美子 太田出版f×COMICS

聴いた音源
◆TERRIBLE FEELINGS「Death To Everyone」CD
◆LIZZY BORDEN「Appointment With Death」CD
アメリカ産ヘヴィメタル、2007年の7枚目フル。シアトリカルなハイトーンボーカルを駆使し、硬質なイメージとキャッチーさを両立したヘヴィメタル。自分が10代のころから大好きなバンドですが、とくに気に入ってるアルバムは「Love You To Pieces」「Visual Lies」「Deal With The Devil」。シングルカット級の曲を詰め込んだような、1曲ごとに強力なサビとリフを持つアルバムです。しかし一方で、1枚通してコンセプト的にまとめたアルバムもあり、「Master Of Disguise」とか本作はそのタイプ。クオリティは高いものの、ずっと同じトーンが続くので、曲ごとの印象は薄まってしまう。おれが集中力ないだけ、かもしれませんが。
lizzyborden_appointment

ブログランキング(クリックでランク上がります)
プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。