スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年10月13日(土)蜥蜴

晴れ。世田谷を散歩。

まず午前中、2両だけの路面電車・世田谷線で上町(かみまち)へ。用事をささっと済ませて散歩スタート。
駅のすぐ近く、大きなせいろから蒸気を吹き出させている肉まん屋が目に入る。テイクアウトのみの店「鹿港(ルーガン)」。肉まんのガワのいい匂いが、あたりに満ちている。1個買って、かじりながら三軒茶屋へ歩く。さっぱり目の具に、甘みの豊かなガワ。酒の肴にするより、これだけで食べたほうがおいしい味。歩きながらでちょうどよかった。そういえば何年か前、友人がわざわざこの店の肉まんを、みやげに持ってきてくれたことを思い出す。

三軒茶屋に向かう途中、行列しているパン屋を見かける。「パリの空の下」という冗談みたいな名前。並んでいるのは文化系女子ではなく、パチンコ屋かラーメン屋に並んでいるようなおっさんたち。むしろ、うまそう。しかし並ぶのは面倒なのでスルー。

桜新町に出て、また別の用事を済ませ、昼ごはんにする。中華「紅蜥蜴」。幅2メートルほどしかないボロ屋で、しかし店員の客さばきが効率よく、次々に客が来てはメシを平らげて帰っていく。席数に合わせて、メニューの数と調理時間を調整してあるのだろう。おれはマーボー豆腐定食と生ビール2杯。しっかり山椒がきいておいしい。ガツガツ食べてガガッと呑んで、さっと店を出る。気持ちのよいテンポ。

そしてその並び、ハム屋「ファインシュメッカー サイトウ」。3日前に開店したばかりということで、店の前でチラシを配っていた。試食させてくださったソーセージとローストポーク、すごくうまい。しかもチラシと引き換えに、100グラム分サービスするという。ソーセージとロースハム、ローストポークをちょっとずつ買い、また別のソーセージをおまけにもらって出る。イートインコーナーではドイツビールもいろいろ出していたので、また来たい。

腹ごなしに馬事公苑まで歩く。大学生の乗馬大会がひらかれているのを横目に、売店で缶ビールを買いベンチに腰かける。すでに空は夕暮れてきており、秋らしいうろこ雲から淡い光がちらばっている。美しい。家に帰ったら呑みなおそうと思いながら、ふたたび世田谷線に乗って帰宅。

聴いた音源
◆SVARTFELL「Apocryphe Apocalypse」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2012年10月12日(金)赤毛

晴れ。

夕方、北参道の「ギャラリー・エフ」へ。イラストレーター・益田ミリさんの版画展「赤毛のアン」が目当て。ざっくりした描線の消しゴム版画に淡く色をつけてあるんだけど、アンの赤毛だけ鮮やかな蛍光ピンク。目に焼きついた。

聴いた音源
◆SANCTUM REGNUM「We Wait For You Satan」CD
ボリヴィア産デスメタル、2012年のCD。中身は94年デモ、96年デモ、95年ライブ。アングラ南米デスメタルに期待するとおりの、どろどろに黒く渦巻く暗黒サウンド。演奏自体はそれほど崩壊してないが、くぐもりまくった音質は、まさに地獄の底から響いてくるよう。MORBID ANGEL的な奇怪なリフを、より簡素な構成で聴かせます。この音質だからこそ、かっこいい。ちなみにライブテイクなしで、94年デモと96年デモだけ収録したCDも発売されてるようです(タイトル・ジャケは異なる)。
sanctumregnum_wewait

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月11日(木)尻尾

晴れ。

夜、仕事の呑み会。5人で恵比寿。おいしい馬刺。そのあと、馬のしっぽを初めて食べた。トマトと香草の煮込みで、とろとろ。意外とくさくなかった。まだ食べたことのないものが、世界にはいっぱいある。

読み終えた本
◆マンガ『大相撲SF超伝奇 五大湖フルバースト』(上・下)西野マルタ 講談社シリウスKC
買ったまま積んでて、早や半年以上。すぐに読まなかったことをメチャクチャ後悔しました。すげえ面白い。大相撲の心・技・体を象徴する3部作のうち、“技”の章と“体”の章を収録。しかし「大相撲SF超伝奇」と名乗るとおり、まともな相撲マンガではなく、マンガならではの荒唐無稽さが炸裂。たとえば“技”の章では白人横綱・五大湖がロボットに改造されて暴れまわるのを、“伝説の横綱”の木像が復活の儀式を経てよみがえり阻止する……というキテレツなあらすじ。ド派手な技の応酬を過剰な描き込みの絵で見せつけ、そのくせ親子愛の物語にもなっているという超・高密度作品。大半の読者は受け止め切れないと思うけど、読める人には一生忘れられない作品になりそう。“体”の章も熱いです。そしてこれが売れないと最終章“心”を描けないようなので、みんな買ってください。
godaiko_jo godaiko_ge

聴いた音源
◆VIOLENT FORCE/ASSASSIN「Nuclear War Conspirators」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月10日(水)腎臓

晴れ。

夜、銀座で仕事を終える。晩ごはんを食べに新橋へ移動。駅ビル地下の呑み屋街で、初見の居酒屋に入る。フロアをばあさん、厨房を息子と思しき男性が取り仕切るちっちゃな店。カウンターに並べられた煮物などおいしそうで、イカワタ大根煮をたのんだが、おそろしく塩っぱかった。この1皿で生ビール3杯を空け、もう腎臓がいっぱいいっぱいな感じ。残念。

聴いた音源
◆MOLOCH LETALIS「Apoteoza Smierci」CD
◆VIOLENT FORCE/ASSASSIN「Nuclear War Conspirators」CD
2012年(?)の海賊盤。VIOLENT FORCE「Velbert Dead City」デモ(85年)「Dead City:The Night」デモ(86年)とASSASSIN「Holy Terror」デモ(85年)「The Saga Of Nemesis」デモ(86年)を詰め合わせたジャーマンスラッシュ玉手箱。のちのアルバム収録曲も多いけど、デモならではのRawな音質と演奏が激熱。すばらしい一枚と思います。
violentforce_assassin

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月9日(火)時間

晴れ。

朝イチの会議の準備のため、いつもより1時間早く家を出る。電車を降りて「今朝はちょっとゆっくり朝めしが食えるな」と思い、駅のそば屋で納豆定食なんか食ってるうちに、到着時間はいつもと30分しかちがわない。どんだけ納豆まぜてたんだ。

聴いた音源
◆MOLOCH LETALIS「Apoteoza Smierci」CD
ポーランド産ブラック/デスメタル、2009年ファーストフル。リフはほぼ全編でブラックなトレモロ、リズムの展開はがっちりしたデスメタル。オールドスクールへの敬意は随所にあふれているが、決して昔のまんまではなく、吸収してきたものを自分たちなりにブレンドしている。
molochletalis_apotenza

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月8日(月)帰宅

祝日。

朝の新幹線に乗り、午前中に長野から帰宅。

ライブの筋肉痛と打ち身・すり傷をなだめつつ、静かに過ごす。
午後は日本橋に出て買い物。親戚への誕生日プレゼント。マフラーにした。
夜は自宅で鶏のトマト煮、モロッコインゲンと赤タマネギのサラダ、瓶ビール、ウィスキーのソーダ割り。

読み終えた本
◆マンガ『春はあけぼの 月もなう 空もなお』サメマチオ 宙出版Next comics

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月7日(日)長野

気がついたら自宅だった。もう夜は明けている。荷物はちゃんと持ち帰っており、二日酔いもしていない。ラッキー。

今夜は長野の「India Live The Sky」でライブ。メンバーとは現地集合なので、ひとり新幹線に乗り込む。乗り継ぎがぎりぎりだったので、車内販売で弁当を買うつもりが売り切れ。笹かまぼこを買って缶ビールで流し込むが、むなしさは否めない。新幹線といえば駅弁なのに!

「India Live The Sky」は1階に「ローソン」の入ったビルの2階。ドドドドドドとグラインドの爆音が漏れていて、1階の店員は落ち着かないだろう。急な階段をのぼると、ZAGIO EVHA DILEGJがリハ中でした。

自分たちのリハを済ませ、ビジネスホテルにチェックインしてから、メンバーで昼ごはんを食べに出る。うまいそば屋が近くにないか尋ねると、ZAGIOのドラム氏が「善光寺のあたりにいっぱいあります」と教えてくださった。実はこのライブハウスは参道沿いにあり、善光寺まで15分ほど、まっすぐ歩けば着くとのこと。道中、うすぐもりの夕空が淡い紫に霞んできれいだった。

いくつも並ぶそば屋の中から「かどの大丸」を選ぶ。店名どおり門前の交差点の角。古い木造の店内には、安っぽい合板のテーブル席とくたびれた畳の座敷。動かないボンボン時計の下に「さらしなそばをお召し上がりください」と墨で書いたビラが貼ってある。都心のいけすかない“こだわり”店にはない、“ふつうのそば屋”感が心地いい。もちろんタバコもOKで、灰皿が各卓に置いてある。ニシンの煮付と野沢菜漬で瓶ビールを呑み、しめにさらしなそば。期待どおり、ふつうにおいしい。客に真剣勝負を挑むようなうまさでなく、でもちゃんとそばの香りと甘みが楽しめる。よかった。

そして参道を下る途中、角を左折してみる。知らない町をちょっとぶらぶらしてライブハウスに戻ろうと考えた。5分もしないうちに呑み屋が並ぶ路地にぶつかり、そのうちの1軒「二本松」の前で足が動かなくなる。なんの変哲もないが、ここはきっとうまい!という直感に打たれた。のれんの隙間から中を覗くと、ほぼ満席。開演まで30分だけ呑もうと決め、メンバー4人で座敷に上がる。新鮮でトロトロの馬刺、味噌の香るしょうゆ豆、オーソドックスにおいしいサトイモ煮、生ビール2杯。期待を上回る味。いつかまた来よう。

いい具合に酔っぱらってライブハウスに戻る。出演者も観客も東京の人が多く、長野じゃなくて小岩にいるみたい。今日の出演はMORTALIZED、ZOMBIE RITUAL、DEATHCOUNT、BROB、YxAxD、GODS OF GRIND、ZAGIO EVHA DILEGJで、初見なのはYxAxDだけ。ひとことでくくっちゃえば「グラインド」だけど、どのバンドにもそれぞれ全然ちがう持ち味があって、おもしろいメンツだと思う。中でも特にインパクトが強かったのは、テクニックと凶暴性が高次元で両立したMORTALIZEDと、まさに発狂としか言えないステージングを見せるZAGIO。この2バンドには、何回観てもびっくりさせられる。ZOMBIE RITUALの長野では初のライブも、楽しんでいただけたようで何より。TシャツやCDも売れました。お客さん、対バンのみなさん、企画に誘ってくれたZAGIO和田さん、ありがとうございました。

打ち上げに参加してビールをじゃんじゃん追加。メタルと女の子について、おっさんばかりで語り合う。解散後は、驚異的に狭いビジネスホテルに戻ってベッドに倒れ込む。掛けぶとんをめくる間もなく、ふとんの上で爆睡。

聴いた音源
◆MOLOCH LETALIS「Apoteoza Smierci」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月6日(土)浅草

曇り。きょうは浅草KURAWOODでZOMBIE RITUALのライブです。

午前中は表参道で用事、それから地下鉄を乗り継いでKURAWOODへ。リハはトップでさっさと済ませ、メンバーと呑みに出かける。
1軒目はカウンターだけの呑み屋「捕鯨船」。名前どおりクジラを食わせる店で、しかし刺身やカツは2000円とかするのでたのめない。クジラ入り焼きそば700円とモツ煮込300円をみんなで分け、瓶ビールで乾杯する。
もちろん足りないので2軒目へ。隅田川にかかった橋の、たもとにある焼き鳥屋。震度4でもつぶれそうなバラックだが、開け放した戸と窓から、川風が入って気持ちよい。鳥刺の盛り合わせ、生ビール、ハイボール。

開演時間にKURAWOODに戻り、まずはRETURNから観戦。缶ハイボール片手に、BATHORY直系のRAWスラッシュを楽しむ。かっこいい。
そして名古屋からCLANDESTINED。低音がズドズド来る、ドスのきいたデスラッシュで自然と首が動く。だいぶ酔いが回ってきた。
続くABIGAILは自分の準備で見られず、4番手にわれわれZOMBIE RITUAL。入りは盛況、手を振り上げサビを叫んでくれるお客さんも多く、たいへん楽しく演奏させていただきました。モッシュも起きて一安心。お客さん、対バンのみなさん、そして今回も「ASAKUSA EXTREME」に参加させてくれたAnaltoshitさん、ありがとうございました。

そしてトリはタイから来たSURRENDER OF DIVINITY。音源はけっこう持ってるけど、ライブはもちろん初見。目いっぱいのうるささと速さを追求したストレートなブラックメタルがいさぎよい。後半は泥酔して覚えていませんが。

アル中で入院してたはずのカオルさんがひさびさに来ていて、やけに強い酒をどんどん勧めてくれるので一緒に酩酊。気がつくとメンバーからはぐれ、雨の中を一人さまよっていた。そしてまた気がつくと、SHAGOHOD氏に介抱されており、一緒に地下鉄に乗ってブラックメタル談義。新宿駅で氏と別れてから、再び記憶が途切れる。

読み終えた本
◆マンガ『式の前日』穂積 小学館FLOWER COMICS α

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月5日(金)小屋

晴れ。

昼、通りすがりのスパゲティ屋に入る。恵比寿「ロジエ」。山小屋を模した、いかにも“昭和の喫茶店”という雰囲気。意外に客は多いが、平均年齢は高め。もちろん全席タバコOKです。おれはウインナーとナスのトマトソーススパゲティを注文し、昭和のお約束どおり粉チーズとタバスコをかけてたべる。まだ日本に「パスタ」という言葉がなく、スパゲティとマカロニしか存在しなかったころの味。

夜は仕事関係のパーティに参加。ビールとワインを数杯ずつ。

職場に戻り、土曜の明け方まで仕事。

聴いた音源
◆BAEL「No Hay Escape De Satanas!」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月4日(木)勇敢

晴れ。

夜、仕事の呑み会。9人で麻布。先方のうちの一人が、夜の銀座の片隅でうずくまっているのを救出したことがあって、その話。泥酔してバーをたたき出され、ビルの入口を出るなり座り込んでしまったそうです。最初は3人で呑んでたのに、気づいたら一人だったと。ゲロ袋を手に持っていたのは、ちゃんとしてる、と言えるのか……いずれにしろ30代なかばの女子でその呑みっぷりは勇敢だなーと思った。見習わねば。

職場に戻り、明け方まで仕事。

聴いた音源
◆BAEL「No Hay Escape De Satanas!」CD
ボリヴィア産ブラックメタル、2012年のCD。中身は95年デモと96年の未発デモ。1曲目の冒頭、ギター1本だけ鳴り始めるのですが、そのダルダルぶりで早速ニヤリとさせてくれる。95年の音源は、デモ時代のHELLHAMMER直系のどんよりしたブラックで最高。どうやったらこんな音になるのか想像もつかない極悪音質が、当時の南米ならでは。ブラックメタルはいろいろ聴いてきましたが、結局このへんがいちばん好きだ。96年デモではやや歯切れよくなり、同じHELLHAMMERでも「Apocalyptic Raids」EPくらいの質感になってます。
bael_nohay

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2012年10月3日(水)楽屋

曇り時々雨。

夜、仕事の呑み会。麹町で40人ほど。仕事を終えての“打ち上げ”ではなく、これからやるぞ!ということで“討ち入り”と称した集まり。こういう瞬間ならではの空気は、ライブ直前の楽屋みたいで燃える。緊張感と熱意。

聴いた音源
◆FUNEREAL「The Misery Season」CD
◆RAJAM「Burning Antarctica」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。