スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年1月23日(水)軽視

曇り。夜、弱い雨。

終電で帰る直前、駅前の焼鳥「よかとこ」で30分の晩メシ。通りから見える焼き台では、いかにもバイトっぽい若い女子が串を並べている。どうかなーと思いつつ、駅に近いという理由で入った。砂ずり、せせり、生ビール。思いのほかちゃんとした火入れでおいしく、一瞬でも軽く見てすみませんと思った。

読み終えた本
◆エッセイ「カラーひよことコーヒー豆」小川洋子 小学館文庫

聴いた音源
◆CANCERBERO「At The Portal Of The Evoked Blasphemies」CD
1987年から活動するチリ産デス/スラッシュメタル、2012年にようやく出たファーストフル。CELTIC FROST、SLAYER、VENOMなど基本を押さえ、しかし丸パクリではなく自分たちなりのドス黒さを追求したサウンド。南米らしいドカドカぶん殴るドラムに、低音域を起伏すくなく刻むリフ、ぼやき声にエコーかけたような吐き捨て。ブラストとか咆哮って、強力すぎるとかえって健全な感じになっちゃうけど(ジムで計画的に体きたえてるみたいな)、本作はリアルにガラが悪い。倦怠と絶望をそのまま演奏した、暴力に近い音楽と思います(崩壊系ではなく、演奏は安定している)。非常に地味だが、生々しい。
cancerbero_attheportal

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2013年1月22日(火)座席

朝は小雨、昼には晴れ。

最近の電車、若者の席のゆずらなさがすごい。スマートフォンをじっと見下ろし、老人も妊婦も無視。優先席に座ってる率も高い。少子化とか教育環境の変化で、「子どもがいちばん大事」という感覚が染みついているのかもしれない。席がひとつしか空いてないとき、子どもを座らせて親が立ってるところもよく見かける。親のほうが疲れてるのに。

聴いた音源
◆DISSECTION「The Somberlain」CD
◆DISSECTION「Storm Of The Light’s Bane」CD
スウェーデン産ブラックメタル、1993年ファーストフルと95年セカンドフル。“10年ぶりくらいに引っぱり出してきた”シリーズ&メロディックなブラックメタルを聴き返す会の続き。メロディック・ブラックといえばDISSECTION、ということで本当にひさしぶりに聴く。ファーストが登場した当時は「すごいバンドが出てきた!」と興奮したけど、耳当たりのよいメロディが次々に高速で流れていくので、胸に残るものがないというか、聴き応えが軽い。おれは同時期にSAMAEL「Worship Him」とかに傾倒していった人間なので、好みの問題ですね。
dissection_sombelain dissection_stormof

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月21日(月)残飯

晴れ。

夕方、職場にケータリングの食い物が配られた。ソーセージにフライドポテト、サンドイッチ。ずいぶん時間が経っているらしく、べったり油が浮いている。何かと思えば「偲ぶ会」の残り物。
すっかり忘れていたが、おれが勤める会社の、同い年の人を送る会。年明けにガンで死んだ。部署が違い、しゃべったこともないが、同い年と思うとちょっと胸が詰まる。通夜・葬儀は四国の実家で速やかに済み、取り残されたような気持ちの彼の同僚・同業者を集めた会が今日だった。
死者の残飯ってどうよ、と思いながら缶ビールで流し込む。まだ死にたくない気持ちと、とっととラクになりたい気持ちが、自分の中に平然と同居している。

読み終えた本
◆マンガ「今日もいい天気 田舎暮らし編」山本おさむ 双葉社ACTION COMICS

聴いた音源
◆CIRITH UNGOL「One Foot In Hell」CD
◆CIRITH UNGOL「Paradise Lost」CD
ふと思い立ってCIRITH UNGOLを聴き返す。アメリカ産ヘヴィメタル、1986年3枚目フルと1991年4枚目フル。最初に聴いたのは4枚目「Paradise~」のほうで、当時「Burrn!」のレビューを見て買った。絶賛でも酷評でもない70点台のレビューと記憶しているが、なんだか気になったんです。基本的にはミドルテンポでじわじわじわじわ進め、曲の後半でグッとくるメロディとかテンポアップを入れてくる。地味ながら剛健なイメージが非常にかっこよく、歌うというより雄叫ぶような、荒々しいハイトーンボーカルの独特さも耳に残る。個人的には、“速くないメタル”の魅力を教えてくれたバンドのひとつ。
cirithungol_onefootinhell cirithungol_paradise

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月20日(日)砂糖

晴れ。

午前中からビールとメタル。
夕方、吉祥寺に出る。初見のベトナム料理屋を試したら、ものすごい甘かった。フォーも炒め物も砂糖味。食べ切れずに退散し、口なおしにスーパーでカワハギの刺身を買って帰宅。しょうゆ味、最高。焼酎「いいちこ」水割り、「サントリーウイスキーホワイト」水割り。

聴いた音源
午前中はノイジーなブラックメタル、夜は静かな音楽。どちらも、おだやかな気持ちになる。
◆VON GOAT「Septic Illumination」Vinyl LP
◆WHITE MEDAL「Alone As Owt」12inch
◆V/A「サヨナラCOLOR」CD
◆鈴木祥子「Syoko Suzuki Golden☆Best~The Ballad Of Syoko Suzuki」CD
vongoat_septic whitemdal_alone sayonara_color suzukishoko_goldenbest

ブログランキング(クリックでランク上がります)



2013年1月19日(土)第三

晴れ。

午前中から用事で表参道へ。週末だけの青空市場「ファーマーズ・マーケット」に寄り、ドイツ式のカラシを買う。去年9月22日の日記に書いたカラシ。すっかり気に入ってしまった。
もうじき食べ終わっちゃいそうで、ちょくちょくこのマーケットを覗いていたのだが、あれっきり出店していなかった。それが今日、ようやく再会。「アインベッカーゼンフ」という業者で、聞けば第3土曜しかここには出てないそうです。忘れないように日記に書いておく。

夜はABIGAIL20周年ライブに行きたかったがかなわず。残念。

夜中、焼酎の水割りをすすりながらDVD「怪獣総進撃」。ラストまで観ないうちに眠りこける。

聴いた音源
◆THE SZUTERS「Not Quite At Budokan」CD
◆Bruce Dickinson「Tattooed Millionaire」CD
どちらも晴れた休日によく聴くCD。前者は昨年の日記に書きましたが、後者はIRON MAIDENのBruce Dickinsonが1990年に出したファーストソロ。MAIDENよりだいぶリラックスしたムードで、メタルではなくロック。爽快なタイトル曲、ノスタルジックな「Born In ‘58」、広がる大地を思わせる「Gypsy Road」など、好きな曲がいっぱいある。
szuters_notquite brucedickinson_tattooed

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月18日(金)予算

晴れ。

土曜の明け方まで働く。残業中、とつぜん脳内に再生されたのはREBECCA「Friends」。寂しいのか。

2013年度の政府予算案についてニュース。使うお金は93兆円を超える予定で、対して税収は43兆円の見込み。50兆円も足りないじゃん……と思ったら、そのうち44兆円は国債で借金するそうです。景気回復のために公共工事とか増やすみたいだけど、税収より借金が多いのは4年連続。返すあてのない借金を、いつまで続けられるものなのだろう。おかしくない?

読み終えた本
◆絵本「森へいく」阿部はまじ/文 平澤まりこ/画 集英社
◆マンガ「ライジングサン」2巻 藤原さとし 双葉社ACTION COMICS

聴いた音源
◆MATER TENEBRA「Necrocturna Demoniaca」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月17日(木)密度

晴れ。まだあちこちに雪が残っている。

夜、仕事の呑み会。5人で六本木。今月はぽつぽつと新年会が入っていて、ふだんメールと電話でしかやりとりしない人たちとお会いする。「もう1年経ったのか」と驚くこと、しばしば。ちゃんとした密度でおつきあいできる人数って上限があると思うんだけど、俺の場合その数がずいぶん少ない気がする。

聴いた音源
◆ZAGIO EVHA DILEGJ「Emotional Outburst」CD
◆MATER TENEBRA「Necrocturna Demoniaca」CD
“10年ぶりくらいに引っぱり出してみた”シリーズ。イタリア産ブラックメタル、1999年ファーストフル。凶音のライブのために台湾へ行った際、当地のCD屋で買った。
ここのところメロディック・ブラックを聴き返しているが、これもその一環。IMMORTAL「Battles In The North」アルバムに微妙にメロディを追加したような曲調で、ガリガリに荒い音質で爆走する。前半は地味な曲ばっかり、終盤になってやっとテンション高い曲が並ぶという、もったいない構成。次々にクラシカルなメロディを展開させる7曲目と、一転して不協和音リフが狂気を演出する8曲目は佳作と思います。
matertenebra_necro

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月16日(水)名盤

睡眠3時間で目が覚める。うす曇り。残雪が日を受けて白く光る。

午後から晴れ。木曜の明け方まで働く。

読み終えた本
◆エッセイ「師匠!」内海桂子/著 梅佳代/写真 集英社

聴いた音源
◆ZAGIO EVHA DILEGJ「Emotional Outburst」CD
国産グラインド、2012年ファーストフル。これは名盤!! 全17曲で13分ちょっと、全速力で駆け抜ける猛爆グラインド地獄。轟音カオスなライブとはまた雰囲気がちがい、ソリッドな音作りでリフの魅力がガンガン伝わってくる。超スピード&ショートカットな中に、いろいろな工夫がこらされています。ライブが壮絶なバンドですが、アルバムもすごかった! メンバーは、ふだん朗らか笑顔のナイスガイなのに、あのライブにこの音源、完全に狂ってます(ほめている)。
zagio_emotional

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月15日(火)積雪

晴れ。雪の積もる中を出勤。凍ったところを踏み破る感触と、硬い音が心地いい。

夜、仕事の呑み会から職場に戻り、終電まで働く。帰宅して、本を読みながら呑みなおし。焼酎水割りを数杯。明け方に就寝。

読み終えた本
◆小説「55歳からのハローライフ」村上龍 幻冬舎
さまざまな家庭や経済状況にある55歳たちの再出発を描く中編集。何十年も働いた挙句、孤独と貧困に陥る可能性がひどく高い現代、まったく他人事ではない話。会社の業績悪化とともにばっさりクビにされ、退職金は半年ももたず、再就職できる年齢でもない。そして家族は離散し、衣食住もままならない独り暮らしに。「別にそれでもいい」と言えるような悟りはまだひらけていない。大学から現在までの20年間はあっという間だったけど、今から55歳までってもう20年もないのだ。(この小説自体は、希望の持てるラストになってます)
55sai_hellolife

聴いた音源
◆STYGGELSE「Heir Today God Tomorrow」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月14日(月)大雪

祝日。午前中から大雪。家から一歩も出ない。窓の向こう、灰色に沈む町を眺めながら酒をすする。昼はニラまんじゅうとビール、夜はすき焼きとハイボール。早めに寝る。雪の日は静か。

聴いた音源
◆THE CARDIGANS「Life」CD
スウェーデン産ポップ/ロック、1995年のセカンドフル。当時スウェディッシュ・ポップの立役者として、日本のちょっとおしゃれな若者はみんな聴いていた印象がある。おれが聴いたのはつい最近になってからで、家族がこのCDをかけていた。キュートな女子ボーカルに繊細なアレンジの楽器隊、なのに最後の曲はどう聴いても「Sabbath Bloody Sabbath」。日本盤ボーナスのカバーで、さすがブラックメタルの本場スウェーデン、と妙な納得をした。
cardigans_life

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年1月13日(日)蝋梅

昼、新宿御苑をぶらぶら。この時季、午後2時には日の光が弱まり始める。ずっと夕方みたいな空が続き、時間の流れがわからなくなる。長いような一瞬のような散歩。園の片すみでロウバイが咲きかけていた。淡い香りを楽しんで帰る。昼はビール、夜はワイン、深夜は焼酎の水割り。

聴いた音源
◆GRAND BELIAL’S KEY「Judeobeast Assassination」Vinyl LP
◆SVART HAT「A Prelude To The End」Vinyl LP
BARBALANS、ALGAIONに続き、メロディックなブラックをひさしぶりに聴く会。アメリカ産ブラックメタルGRAND BELIAL’S KEYの2001年セカンドフルと、フランス産ブラックメタルSVART HATの、2004年デモを再発したレコード。GRAND~は日本でぜんぜん人気ないけど、MERCYFUL FATEとか展開のしっかりした正統ヘヴィメタルを咀嚼したうえで自分たちなりのブラックメタルを再構築してる感じ。オリジナルなリフと構成美を見せるすばらしいバンドと思います(画像はレコードのジャケ。CDはジャケも収録曲も異なります)。一方SVART HATはフレンチBlack Legions系のサウンドを忠実に模倣、オリジナリティはないが殺伐とした作品世界をレベル高く再現している。
grandbelialskey_judeobeast svarthat_preludeto

ブログランキング(クリックでランク上がります)
プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。