スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月8日(金)芝居

晴れ。

夜、大森へ。職場の人が、ひとり芝居をやるというので観にきた。30人も座ればいっぱいのスタジオで、ストーリーを説明できないシュールな展開。大声でダジャレを言いながら、1時間ひたすら体を動かし続ける。ふだんはデスクワークの45歳男性とは思えない、身体能力の高さに驚いた。おれも夏のライブに向けて、体を作り直さなくちゃ……ここのところ忙しさを言い訳に、ほったらかしなので。

大森の、立ち呑み屋やスナックが並ぶ路地で一杯ひっかけてから帰宅。

聴いた音源
◆LUCERA「Blackzuco」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2013年3月7日(木)陽気

晴れ。春の陽気。南の島から帰ってきたら、東京もあたたかくなっていてラッキー。

休み明けで仕事がたまっており、金曜の明け方まで働く。

聴いた音源
◆LUCERA「Blackzuco」CD
コロンビア産ブラックメタル、2011年セカンドフル。ジャケからズタボロのメタルパンクを期待していたら、ぜんぜん違った。淡々と安定したリズムでリフを繰り返しまくる、むしろオーソドックスなブラックメタル。爆裂というより、執拗な感じの狂気をただよわせる。ブックレットには「Colombian Cocaine Metal」というかっこいいキャッチコピーがあり、確かにこの無感情な雰囲気は、中毒者っぽいかも。
lucera_blackzuco

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月6日(水)波照間 その4

晴れ。帰京する日になって、夏の陽射し。宿で朝食をとり、共同売店で道中の食料におにぎりを買う。黒米とモチキビがまぜてあり、ゴマ油と塩で握ってある。

朝8時半の船で石垣、中華屋「辺銀食堂」で昼メシ(食べすぎた)、那覇空港へ飛んでオリオン生、羽田へ乗り継いで午後6時着。おにぎりをかじりながらリムジンバスで渋谷駅。島から半日で渋滞と雑踏の中に帰ってきて、ぐったりと体が重くなる。

まっすぐ帰って寝るか、と思った一瞬後に「スイッチの切り替えが必要だ」と気づく。駅ビル内「銀座ライオン」へ。冷えたサッポロビールと適度にジャンクな肴で、東京の体を取り戻す。

さっぱりとした気持ちで帰宅でき、洗濯まで済ませた。サントリー角の水割りをすすりつつ、メタルを聴いてから就寝。

聴いた音源
◆GOREFEST「Erase」CD
オランダ産デスメタル、1994年のサードフル。当時AMDUSCIASのRyuichiさんに「これすげえいいよ」と薦められて購入、一聴して頭の中が「?」だらけになった一枚。Ryuichiさんが薦めるならメロディアスな疾走ブラック/デスなんだろうと思ったら、ぜんぜん違った。
このバンド、ファースト「Mindloss」とセカンド「False」はズグズグと起伏すくなく突っ走る典型的デスメタル。それが本作ではボーカルこそデス声なものの、歯切れのよい硬質なリフ、シンプルな曲構成、グルーヴィなリズムに大転換。初めはPANTERAの影響かと思ったが、どうも違う。繰り返し聴き込み、ひょっとしてこれ、THIN LIZZYとかああいうハードロックをデスメタルの重たさでやろうとしているんじゃ……と気づくころにはすっかりハマっていた。以来、愛聴盤のひとつです。
gorefest_erase

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月5日(火)波照間 その3

曇り。ときどき晴れ間ものぞく。

朝食は宿で済ませ、共同売店へ。島民が出資しあう生協みたいなシステムで、そっけないコンクリートの平屋に生活用品が並ぶ。「あやふふぁみ」が卸しているおにぎりとオリオン缶6本を買い、部屋に戻って二度寝。

昼メシはまた「あやふふぁみ」で。豆腐ちゃんぷるー、生ビール、泡盛水割り。食後はニシ浜に出て海を眺める。波照間はサンゴ礁の島なので、真っ白い砂浜。透き通った水は、さすがにまだ冷たかった。

午後は曇り空の島内をうろうろ。人とすれちがうより、牛やヤギ、猫のほうが多い。花や葉が風に揺れる音、鳥の声。とちゅう「波照間酒造所」に寄り、アルミのドアをとんとん叩いて「泡波」を売ってくれるようお願いする。いっときは島内でも滅多に買えないレア泡盛としてプレミア価格がついていたが、いくらか増産したらしい。きょうは直売なので、四合瓶が数百円。うれしい。

夕方は港へ。待合所のカウンターでソーキそばとオリオン缶。アル中の赤黒いおっさんがぶっきらぼうに調理しているが、今まで食べた八重山そばの中で、ここのが一番うまい。波照間に来るたび食べてます。

夜中、「あやふふぁみ」良美ちゃんが宿まで遊びに来てくれる。道端のベンチでオリオン缶、泡盛。寝静まった島内は灯りも音もすくなく、笑い声や言葉がまっすぐ耳に飛び込んでくる。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月4日(月)波照間 その2

曇り。今朝は船が出るというので波照間島を目指す。まだ波は高く、小さな船は遊園地のアトラクションみたいに上下する。約1時間で到着。

気温は16度くらい。民宿に荷物を置き、島の友人・良美ちゃんがやってる食堂「あやふふぁみ」へ。戸も窓もあけっぱなしで、海風がゆっくり入ってくる。シークヮーサーをしぼったオリオン生で乾杯し、島の野菜の炒めもの、やはり島で採れた魚の干物、ラフテーなどいただく。すごいうまい。ビールのあとは、波照間の酒造の泡盛「泡波」の古酒(くーすー)を水割りで2杯。

午後は何をするでもなく散歩。以前の日記にも書いたが、波照間は“大自然”ではなく“郊外”という感じ。サトウキビ畑と放牧地、住宅と黒糖工場。もちろん住宅の密度はまばらだが。背の低い林はあちこち残っており、その中にはたいてい墓がある。

夜は宿で晩ごはん。合宿メシみたいな量と味。ごはんを半分にしてもらい、生ビールを1杯たのむ。他の客は50がらみのおっさん一人で、しゃべることもない。

食後は仕事のメールと電話をひとしきり。それから外へ出て、空を埋め尽くす星を見上げた。風が強くなってきた。部屋で泡盛「請福」の水割りを呑み、風の音を聞きながら眠る。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月3日(日)波照間 その1

羽田空港、朝8時30分発の飛行機で那覇へ。4回目となる波照間(はてるま)旅行。那覇空港ではオリオンビールの生を呑んで小型機に乗り継ぎ、石垣島へ。そこから舟で波照間に向かう予定だったが、きょうは高波で欠航だという。仕方なく石垣に1泊することにして、港ちかくの民宿に荷物をおろす。大き目の民家をそのまま宿にしていて、風呂・トイレは共同だし、テレビはブラウン管。晩酌用の泡盛「請福」とペットボトルの水を、床の間に置いておく。晩ごはんは、石垣牛を食わせる焼肉屋「やまもと」。生ビール、ハイボール、焼酎の水割り。
おれは飛行機が大嫌いなので(落ちるから)、2回も乗った今日はぐったりとくたびれている。乗っている間ずっと緊張していたため、肩もがちがち。泡盛でいくらかほぐしたあとは、風呂も入らずにとっとと寝る。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月2日(土)旅行

晴れ。

きょうから旅行の予定だったが、急な仕事が入った。午後の数時間、渋谷で黙々と。終了後はひとりで焼き鳥屋に入り、串数本とビール、ハイボールの簡潔な晩メシ。帰宅して洗濯と食器洗いを済ませ、明日からの旅行に備える。眠くなるまでメタルとウィスキー水割り。

聴いた音源
懐かしの音源から買ったばかりのものまでランダムに。アメリカ産デスメタルSKELTAL REMAINSのデモ(2011年)はMORGOTH meets PESTILENCEなサウンドで、昨今のオールドスクールデス・ブームには食傷気味のおれでも悶絶。あとCEMETARYのセカンド(1993年)はオールドファンには「軟弱になった」みたいに言われることが多いけど、個人的には大好き。スウェディッシュ・デスの名盤扱いのファースト「An Evil Shade Of Grey」(92年)に見られた冗長さがすっきりと整理され、シンプルな構成の中にメロディと攻撃性を両立させた。これをゴス化・メロデス化と切り捨てるのはもったいない。
◆DESTRUCTION「Live Without Sense 」CD
◆MANOWAR「Kings Of Metal」CD
◆NEKROPOL「Messenger Of Fallen Angel」CD
◆CEMETARY「Godless Beauty」CD
◆GOREFEST「Erase」CD
◆SKELTAL REMAINS「Desolate Isolation」TAPE
destruction_livewithout manowar_kings nekropol_messenger cemetary_godless gorefest_erase skeltalremains_desolate

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月1日(金)紙袋

夜、突然の大雨。夏みたい。

仕事の呑み会。青山で8人。先方のひとりが、「いま台湾の友人に会ってきて」と紙袋を渡してくれる。自分がもらったカラスミを、そのまま回してくださった。3か月は晩酌に困らない量。ありがとうございます。

職場に戻り、明け方まで仕事。

聴いた音源
◆KULTO MALDITO「Diaboliko」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年2月28日(木)甘辛

晴れ。春めいた、ぬるい空気。

職場での夜食は、「セブン-イレブン」の焼き鳥3本セットと缶ビール。つくね、もも肉、皮はどれも、べったりと甘辛いタレまみれ。子どものころ、仕事帰りの母親が、駅前の屋台で買ってきてくれた焼き鳥を思い出す。美食からは2000光年も離れた味だったけど、お土産ってだけでテンション上がった。

聴いた音源
◆KULTO MALDITO「Diaboliko」CD
ボリヴィア産ブラック/スラッシュメタル、2011年セカンドフル。2000年代のブラックメタルの中では、かなり好きなバンド。デス声・ブラック声ではなく、酔っぱらいが地声で怒鳴ってるみたいなスペイン語ボーカルが相変わらずかっこいい。ちょっと乱暴に言ってしまえば、BRUJERIAがRawブラック/スラッシュになったような……明快でキャッチーなのに、えらく殺気だっている。前作「Kulto A La Bestia」もおすすめです。
kultomaldito_diaboliko

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年2月27日(水)魔法

小雨。

夜、仕事の呑み会。10人で白金台。高知の山と海がいかに美しく、食い物がどれほどうまいかという話。四国に行ったことがないので、魔法の国のことのように聞こえる。23時過ぎに職場に戻り、木曜の明け方まで仕事。

聴いた音源
◆GOATOIMPURITY「Triumph Of Darkness」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年2月26日(火)純粋

晴れ。

きょうは職場にドーナツが差し入れられた。金曜のタイヤキに続き、もう何年ぶりかもわからない食べもの。油と砂糖と粉でできた、純粋カロリー。こんなものをバクバク喰ってる女子たちが、とくだん太ってもないのが謎。

読み終えた本
◆マンガ「ちっちゃな頃からおばちゃんで」1巻 小山田容子 講談社KCDX

聴いた音源
◆GOAT「Sacred Pilgrim」CD
すでに活動を終えているデンマーク産ブラック/スラッシュメタル、唯一のフルアルバム(1996年)。演奏・音質はかなりソリッド、しかしボーカルが可笑しくって、ブラストに合わせて「あたたたたたたた」とか「きょきょきょきょきょきょきょきょ」とかわめいてる。自殺系とはまったくちがう方向に発狂した快作で、数年にいちど、聴き返したくなる。PANZERCHRISTとかILLDISPOSEDなんかに参加していた、Lasse Bakによる独りプロジェクト。
goat_sacredpilgrim

ブログランキング(クリックでランク上がります)
プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。