スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年3月26日(火)撮影

うす曇り。

午後、仕事の打ち合わせで半蔵門へ。通りに面した小さな公園は、3本の桜が広げた枝と満開の花ですっぽり覆われている。タバコや缶コーヒーを片手に休憩中の勤め人たちが、あちこちで携帯をかかげ、写真を撮っていた。

聴いた音源
◆LUVART「Necromantical Invocation」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2013年3月25日(月)移転

小雨。寒い。

夕方、もうすぐ移転する「東横のれん街」へ。「DEAN & DELUCA」で豆のサラダとフォカッチャを買う。
渋谷駅界隈の再開発は、ヒカリエの完成や各線の地下化・直通化でずいぶん劇的になっているが、その一環で「のれん街」も場所を移す。これまでは電車を降りて職場に向かう途中だったので、すいぶん重宝した。行く頻度が下がると思うと、寂しいものです。この世からなくなるわけじゃないけど、おれの生活からは遠くなる。今までありがとう。

火曜の明け方まではたらく。

聴いた音源
◆SABER TIGER「Invasion」
◆LUVART「Necromantical Invocation」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月24日(日)送迎

うす曇り。

吉祥寺の中華屋でウーロンハイを呑み、自転車屋を冷やかしてから渋谷へ。田舎に帰る友人・ユリちゃんの送別会。渋谷のカフェに映画業界の人が集まる中、おれ・Jason・FUNERAL MOTHセントウさんの3人だけがしょんべん横丁の風情。ユリちゃんが泣いて笑って、いい会でした。生ビール、ハイボールを何杯も。

解散後、おれは吉祥寺に戻り、別の友人の集まりに顔を出す。こちらはひさしぶりに戻ってきた人との再会。しばらく音信不通だったので、無事な姿にほっと胸をなでおろす。「無事」つっても、何もなかったわけではなさそうだが。

聴いた音源
◆SABER TIGER「Invasion」
国産ヘヴィメタル、1992年のファーストフル。おれが持ってるのは、2曲入り8センチCDがセットになった初回限定盤。一般的には「木下昭仁の」SABER TIGERだが、個人的にこのアルバムは、久保田陽子の歌に燃える。ハスキーな声で熱く感情的に歌い上げ、ちょっと線は細いがそのぶん悲壮感が加わってドラマティック。メロディをあえて抑え目にした硬質なバッキングとこの劇的な歌のコントラストが、胸を撃ちます。ヘヴィな曲が多い中、疾走曲「Light-Thunder-Light」がギラリと光る。
sabertiger_invasion

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月23日(土)皿鉢

うす曇り。

朝、立ち呑み屋でモツ煮、生ビール2杯、ハイボール1杯。
昼、スーパーのイートイン席でイワシ梅煮と缶ビール1本。
それから地下鉄を乗り継いで江戸川橋へ。「水道ギャラリー」でひらかれている「野菜をたのしむうつわ展」。これまでも日記に書いているが、小林千恵さんという陶芸作家のファンで、きょうも小林さんの皿が目当て。おもしろい造型なんだけど、奇をてらった感じはなく、いろんな食べものと合うんです。きょうは2点購入。他に木のうつわを出展しているかたもいて、河津桜の鉢を買った。

会場近くの輸入食材屋で缶入りのスパークリングワインを買い、呑みながら総武線に乗る。窓の外のお堀端には満開ちかい桜が並び、思わぬ花見酒が楽しめた。

夜はZOMBIE RITUAL練習。前後にビールを呑む。

聴いた音源
◆SABER TIGER「Invasion」

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月22日(金)客層

晴れ。また気温が上がり、花粉の症状が出る。

夕方、「上島珈琲店」で遅い昼めし。隣の「スターバックス」とは、コーヒー1杯数十円の差で、20歳は客層がちがっている(スタバは学生、上島はおっさん)。同じ喫茶店が、つぶし合うのではなくきれいに棲み分けられていて、飲食店ておもしろいなと思う。単に「安いほうが生き残る」わけではない。

聴いた音源
◆METALMORPHOSE「Nossa Droga e o Heavy Metal」CD
◆LUVART「Necromantical Invocation」CD
ブラジル産ブラックメタル、2012年ファーストフル。これは目のつけどころが渋い! SAMAELの「Blood Ritual」~「Ceremony Of Opposites」期に焦点をしぼった、重く硬質なリフで、でもデスではなくブラックメタルを感じさせる音。ミドルテンポでヘヴィ、かつ禍々しい雰囲気の再現度はなかなかのものです。
luvart_necromantical

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月21日(木)満開

晴れ。寒い。風邪をひいたらしく、ノドが痛む。

夜、仕事の呑み会。麹町の居酒屋で20人ほど。解散後、最寄りの麹町駅には行かず、酔いざましに四ッ谷駅まで足をのばす。通り沿いの公園では、すでに桜が満開に近い。

聴いた音源
◆METALMORPHOSE「Nossa Droga e o Heavy Metal」CD
ブラジル産ヘヴィメタル、2010年のCD。中身は80年代の音源いろいろ。いただきものです、ありがとうございます。
この日記を見ている人には、DORSAL ATLANTICAとスプリット「ULTIMATUM」を出してたバンドと言えばわかるかも。ごく正統なNWOBHM~LA METALを当時の南米らしくローカル化した感じで、ゆるキャラみたいな音。歌・プレイはしっかりしているわりに、音質がかなり貧弱です。ジャケの葉っぱ&ドラッグなイメージに反して、ストーナーな曲はまったくなし。
metalmorphose_nossa

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月20日(水)熱帯

祝日。曇り。昼まで寝る。食器洗いと洗濯。

隣町のホームセンター「島忠」まで散歩。ペットコーナーの熱帯魚を、うすぼんやり眺めて過ごす。チェーンのピザ屋「SALVATORE CUOMO」でソーセージを肴に生ビール1杯、ハイボール2杯。帰宅してホッピー、泡盛の水割りを何杯か。ヘッドホンのメタルは爆音で。

聴いた音源
◆OBITUARY「World Demise」CD
◆PAZUZELHOMET「Sarcophagus Of The Lost Cowlcult」TAPE
デンマーク産ブラックメタル、2011年のデモテープ。初版は23本限定だそうです。おれが買ったのは再発版。BLODFESTメンバーによる別プロジェクトで、リフはほぼ聴き取れない轟音Rawブラック。ゴボゴボの音塊が爆走する中、ドラムの打撃とボーカルの怒声が耳を突く。おすすめ。
pazuzelhomet_sarcophagus

ログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月19日(火)店員

晴れ。20度を超え、暑い。

午前2時に職場を出て、24時間居酒屋「山家」へ。終電を逃し、疲れ果てた客ばかり。人数はいるが、やけに静かだ。ホッピーのナカをおかわりしようとしたら、店員も調理台につっぷして寝ていた。始発の時間になって帰宅。

読み終えた本
◆小説「パレード」川上弘美 新潮文庫
parade

聴いた音源
◆EXECUTIONER「In The Name Of Metal」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月18日(月)暴風

曇り。夕方から暴風。雨も散発的に降る。

夜は仕事の呑み会。5人で新宿。珍しく一次会で終わり、日付が変わる前に帰宅できた。しかし家でだらだら酒を追加、寝たのはいつもどおり明け方。

聴いた音源
◆EXECUTIONER「In The Name Of Metal」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月17日(日)開花

晴れ。

午後、吉祥寺に出て買い物。携帯メールでJasonを誘い出し、日の高いうちから呑み始める。夕方まで2軒ハシゴ。井の頭公園では桜が咲きはじめていた。

聴いた音源
◆ANTICRISTO/DEMONIC RAGE「The Occult Formulas To Desecrate Souls/Ritual Crucifixion」CDR
チリ産ブラック/デスメタル2バンドによる2011年のスプリットCDR。各バンドの写真を両面に配した7インチサイズのスリーブに、真っ黒な盤が入っている。SADISTIC INTENTを源流としたデスメタルを聴かせるDEMONIC RAGEが目当てで買ったが、よりブラックメタル寄りのANTICRISTOもなかなかよかった。どちらもくぐもった、しかし重さは充分にある音作りでかっこいい。素敵なスプリット。
antichristo_demonicrage1 antichristo_demonicrage2

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年3月16日(土)鈍化

洗濯、そうじ、食器洗いを地道に進める休日。ウィスキーの水割りを呑みながらなので、だんだん体の動きが鈍くなる。

聴いた音源
◆THE SZUTERS「Not Quite At Budokan」CD
◆サントラ「The Triplets Of Velleville」CD
◆EXECUTIONER「In The Name Of Metal」CD
◆EXTINCTION OF MANKIND/MISERY「Apocalyptic Crust」CD
イギリス産クラストコア/アメリカ産クラストコアによるスプリット。1999年に出たものの、2001年再発盤らしい。ExOxMx6曲、MISERY7曲を、1曲ごと交互に収録。目当てはMISERYで、この音源もすばらしくかっこよかった。ジャリジャリに粗い、しかしズシリと重い音質。叙情的なメロディを織り込みながらも、全体的には荒々しく突進。激速じゃないけど極めて攻撃的、というクラストの魅力がたっぷり味わえる。あとジャケに並ぶ政治家が、今となっては懐かしい顔ぶれ。
extinctionofmankind_misery

ブログランキング(クリックでランク上がります)
プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。