スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月9日(月)北海道出張 4日目

ホテルで朝食を取り、新千歳空港へ。売店でサッポロクラシックの呑み納めをし、正午発の飛行機で東京に戻る。羽田で昼メシを食い、午後3時ごろ職場着。飛行中は「落ちるんじゃないか」とずっと緊張しているので、肩がごりごりにこっている。

読み終えた本
◆マンガ「ULTRAMAN」3巻 清水栄一×下口智裕 小学館クリエイティブ ヒーローズコミックス

聴いた音源
◆DEATHRUNE「Those Who Choose The Fallen」2CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

2013年9月8日(日)北海道出張 3日目

曇り。時おり小雨。

仕事のあらかたは昨日で済んだ。きょうは早々に片づけ、夕方からビールを呑む。時季ハズレの花火を見られた。北海道の澄んだ夜空にぴかぴかと光の粒が広がり、大変うつくしかった。

きょうは呑みにいかず、宿でひとり缶ビールをすする。東京から持ってきたマンガや本を読む。

読み終えた本
◆マンガ「さよならタマちゃん」武田一義 講談社イブニングKC
タイトルのタマちゃんはキンタマのことですが、おちゃらけた話ではない。精巣ガンになり、さらに転移も発見された著者の闘病記マンガです。ハードな抗ガン治療と闘い、妻との関係を見つめなおし、35歳の今もアシスタントである自分が、ガンを乗り越えてマンガ家になりたいと願う話でもある。命・夫婦・仕事って、それ人生の全部じゃないですか……というストーリーを1冊に詰め込んだ作品。おすすめ。
sayonara_tamachan

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年9月7日(土)北海道出張 2日目

ホテルで朝食をとって仕事場へ移動。「雷雨」の予報だったが、小雨がぱらつくくらいで、晴れ間さえ見えてきた。おかげで仕事は無事に終了。九州旅行がずっと雨だったのは、きょうのために晴れ男パワーを蓄積していたのだとわかる。

夜はNO MORE PAIN早坂さんが、一緒に呑んでくださる。札幌のメタル仲間が集まり、「カウンターアクション」向かいのモツ焼き屋からロックバーへハシゴ。午前2時ごろまで。プレッシャーの重い仕事が片づいた直後ということもあり、快調に酔っぱらった。でも早坂さんと話していると、バンド活動をもっともっと真剣にやらなくては、という焦燥感にかられもする。早坂さんや辰嶋さんがガンガンやってるうちは、おれらが「もう疲れた」とか言ってられない。存在自体がありがたい先輩です。

宿まで歩いて戻り、ぱったり寝る。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年9月6日(金)北海道出張 1日目

先週の九州に続き、今日から北海道へ。仕事の出張。

朝7時に家を出る予定だったが、目が覚めたのは7時40分。まだ荷造りもしていない。キャーと叫びながら大あわてで着替えと仕事道具をキャリーバッグに投げ込み、駅までダッシュ。電車内では携帯で、乗り換えにいちばん便利な車両を調べ、移動しておく。そして降りたらまたダッシュ。空港の手荷物検査場についたのが9時20分で、出発は10分後。大行列には並ばず係員に「あと10分なんですぅ!」と叫んで先に通してもらう。残り5分。搭乗口(遠い!)までまたダッシュしていると、「出発が20分ほど遅れます」というアナウンス。間に合った。

札幌駅ちかくのホテルに荷物を預け、仕事場まで地下鉄で移動。きょうは挨拶と下見で、明日が本番。すべて屋外での作業になるが、天気予報は「雷雨」。ただひたすらに好天を祈る。

夜は仕事相手と呑み会。10人で海鮮居酒屋。23時には解散し、コンビニで買った缶ビールを宿であけ、早めに眠る。

聴いた音源
◆DREAM DEATH「Somnium Excessum」CD

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年9月5日(木)停電

昨夜から大雨が続く。明け方には大きな雷鳴と稲光がたびたび。あちこち停電し、電車が止まっていた。午後には晴れ。

読み終えた本
◆マンガ「絶望の犯島」1巻 櫻井稔文 双葉社ACTION COMICS
◆怪談「『超』怖い話Ω(オメガ)」松村進吉 竹書房文庫

聴いた音源
◆DREAM DEATH「Somnium Excessum」CD
アメリカ産スラッシュメタル、2013年セカンドフル。1987年の名盤ファースト「Journey Into Mystery」から26年ぶりの新作。ジャケがずいぶんかっこよくなったが、音はタイムスリップかと思うほど変わってない。CELTIC FROSTをより重くしたようなサウンドで、ミドルテンポの中にもスラッシュらしいキレがある。遅重でもない、速くもない、実直で硬派なメタルっぷりにシビレます。
dreamdeath_somnium

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年9月4日(水)塩辛

夏休み、最終日。うす曇り。

午前中は部屋の片づけや宅急便の受け取り。缶ビール2本。正午に家を出て、小田急線で江の島へ。車中では缶チューハイ2本、NEGAROBOとNO MORE PAINをディスクマンで聴く。

片道1時間半、滞在1時間半の強行軍だが、ひとりで海を眺め、食堂「いのうえ」で酒を呑む。生しらす、トコブシ煮、アジたたき、瓶ビール1本、日本酒1杯。そこでイカ塩辛がオマケされたので、もう1杯日本酒をたのまざるをえない(うれしい)。日差しはまだ強いが、日没は確実に早まっている。

6時には地元に戻り、呑み屋で一杯やって帰宅。もう眠い。夜半から大雨、雷雨。

聴いた音源
◆FIFTH ANGEL「Time Will Tell」Vinyl LP
◆NAPALM「Cruel Tranquility」Vinyl LP
◆NEGAROBO「Emergency」CD
◆NO MORE PAIN「Progress」MCD
fifthangel_time napalm_cruel negarobo_emergency nomorepain_progress

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年9月3日(火)休息

まだ夏休み。旅の疲れから、だらだら過ごす。午後、仙川「ABC MART」で靴を購入。ついでにパン屋「アオサン」で焼きたてをいくつか買って帰宅。食事は家で、野菜いろいろ。ビール、白ワイン。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年9月2日(月)九州旅行 5日目

ホテルで朝食を済ませ、雨のぱらつく中、バスで阿蘇くまもと空港へ。ホテルにもレンタカー屋にも咎められなかったので、旅行中ずっとゲタだった(車は裸足で運転した)。

空港で熊本ラーメンと生ビール、おみやげコーナーで焼酎やら日本酒やら買い込んで荷物を重たくして帰宅。羽田から吉祥寺までリムジンバスを使う。九州ではずっと雨に降り込められていたので、東京の夕焼けがすばらしくきれいに感じた。夜は自宅で飲食し、早々に寝る。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年9月1日(日)九州旅行 4日目

今日も土砂降り。

とにかく温泉には入ろう、ということでレンタカーを運転。阿蘇駅前の大人400円の入浴施設へ。褐色がかったやわらかいお湯で、ゆっくり温まる。畳敷きの休憩スペースには、おれ以外にもう一人だけ。座布団を枕に寝てるじいさん。扇風機の風に当たりながら、窓の外の雨を眺める。

昼ごはんは、阿蘇あたりの豚・牛をつかったハム・ソーセージの工場「バイエルン」。レストランも併設しており、なかなかおいしい(ビール呑みたい!)。実家へのおみやげを発送。

ホテルに戻り、夜は魚を食べようと思って食べログで検索。大ハズレ。店の入口の薄汚れ具合からイヤな予感はしたのだが、雨の中ほかの店を探す気力がなかった。隣の席のおっちゃん・おばちゃんの団体から、「ウルヴァリンには、なれんばい(笑)」という声が聞こえたのだけが良かった。映画『ウルヴァリン:SAMURAI』公開中とはいえ、一体どんな話の流れだったんだ。

二軒目に行く気力・体力は既になく、しずしずとホテルに帰って眠る。今晩も午前3時過ぎに目が覚め、おととい友人にもらった無農薬米焼酎を、きのう汲んだ湧き水で割って呑む。一口ごとに頭がシンとするおいしさ。体が喜んで吸収するためか、ぐいぐい酔っぱらう。二杯でまたベッドへ。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年8月31日(土)九州旅行 3日目

朝から土砂降り。

レンタカーを予約していたので、とにかく出かける。道路はあちこちで冠水し、ちょっとスピードを上げると足を取られる。目当ての阿蘇神社はあきらめ、昼めしを食う予定の産山村をまっすぐ目指す。阿蘇の山中をけっこう登った、古い森の谷間の村。「あか牛」という品種の牛を、牧草中心のエサで育てている農家が、自ら料理を出す店「山の里」を予約してある。(ふつう、肉牛は穀物で育てられている)
このステーキがべらぼうにうまい。脂たっぷりなのに、その脂は口の中で軽々とほどけてさっぱり。車だから呑めないことが、非常にくやしい。

店で「池山水源」へ行くよう勧められる。阿蘇の周辺は有名な湧き水がいくつもあるが、ここは知らなかった。ちょうど雨も一段落して、傘がなくても歩けるくらい。巨木に囲まれた水源は白い靄を漂わせ、これは神様いるわ、って感じ。透き通った湧き水を、肉屋さんがくれたペットボトルにいただく。

阿蘇の外輪山を走る県道11号線に出る。まるでイングランドのような草原続きの丘陵が、はるばると広がっている。10年前の出張時も通って、「また来たい」と強く思った道路。あのときは晴れていたが、曇り空の下の緑もうつくしい。

夜はガイドブック掲載の馬刺し屋へ。行ってみたらデートスポット風のこじゃれた内装で、若いカップルや、ホステスとおっさんの同伴客ばかり。早々に切り上げ、繁華街を外れて暗い住宅地へ向かう。熊本の名物「ちょぼ焼き」を出す「松本家」。店というより小屋に近い木造の建物の、狭いカウンターにもぐり込む。ここの「ちょぼ焼き」は、ぎょうざの皮みたいな、薄いが固めの皮(サイズはお好み焼き大)で具をくるんだ粉モノ。ソース味がしみていてうまい。角ハイボールでがんがん流し込む。

気持ちよく酔っぱらってホテルに戻り、ベッドに大の字になって一眠り。午前3時過ぎに目が覚め、部屋の冷蔵庫の缶ビール1本・缶チューハイ1本を静かにすする。また雨が強まっている。

ブログランキング(クリックでランク上がります)

2013年8月30日(金)九州旅行 2日目

起床して洗面所へ。鏡の中のおれの顔は、落書きだらけ。昨晩、酔いつぶれていた間だろう。そして出発の時間、ゲタを履こうと足を見ると、甲に「右足」「左足」と書いてある。笑った。

朝はヒロシ家でいただき、昼は博多駅で。長崎の友人とひさしぶりに会う。大雨なので駅ビルから出ず、レストランフロアの中華屋でメシとビール。元気そうで何より。有機農法の米で作った焼酎を一瓶、お土産にもらう。

九州新幹線「つばめ」で熊本へ。窓の外はずっと雨で、青い田畑が灰色にけぶっている。熊本駅前のホテルにチェックインしたが、きょう・明日は台風で大荒れらしい。

荷物を部屋に置き、路面電車で繁華街に出る。40年ちかく前に作られた車両は、床が板ばり。濡れた窓に信号機や看板の灯りが溶けるが、東京と比べるとずいぶん暗い。やがて小さな呑み屋が雑居ビルにひしめく一画で下車。10年ほども前に入った居酒屋を再訪する。当時は仕事の出張で熊本に来て、馬刺のうまさに感激したが、今晩の味は記憶を超えず。東京でもうまい馬肉が出回るようになったのか、単に記憶が美化されていたのか。さびしく酒をすすってホテルに戻る。

夜のホテルではゲタがカラコロ鳴らないよう、そろりと歩く。ユニットバスでざっと汗を流し、すぐに寝た。カーテンの向こうから、強い雨音。

ブログランキング(クリックでランク上がります)
プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。