スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年8月31日(土)九州旅行 3日目

朝から土砂降り。

レンタカーを予約していたので、とにかく出かける。道路はあちこちで冠水し、ちょっとスピードを上げると足を取られる。目当ての阿蘇神社はあきらめ、昼めしを食う予定の産山村をまっすぐ目指す。阿蘇の山中をけっこう登った、古い森の谷間の村。「あか牛」という品種の牛を、牧草中心のエサで育てている農家が、自ら料理を出す店「山の里」を予約してある。(ふつう、肉牛は穀物で育てられている)
このステーキがべらぼうにうまい。脂たっぷりなのに、その脂は口の中で軽々とほどけてさっぱり。車だから呑めないことが、非常にくやしい。

店で「池山水源」へ行くよう勧められる。阿蘇の周辺は有名な湧き水がいくつもあるが、ここは知らなかった。ちょうど雨も一段落して、傘がなくても歩けるくらい。巨木に囲まれた水源は白い靄を漂わせ、これは神様いるわ、って感じ。透き通った湧き水を、肉屋さんがくれたペットボトルにいただく。

阿蘇の外輪山を走る県道11号線に出る。まるでイングランドのような草原続きの丘陵が、はるばると広がっている。10年前の出張時も通って、「また来たい」と強く思った道路。あのときは晴れていたが、曇り空の下の緑もうつくしい。

夜はガイドブック掲載の馬刺し屋へ。行ってみたらデートスポット風のこじゃれた内装で、若いカップルや、ホステスとおっさんの同伴客ばかり。早々に切り上げ、繁華街を外れて暗い住宅地へ向かう。熊本の名物「ちょぼ焼き」を出す「松本家」。店というより小屋に近い木造の建物の、狭いカウンターにもぐり込む。ここの「ちょぼ焼き」は、ぎょうざの皮みたいな、薄いが固めの皮(サイズはお好み焼き大)で具をくるんだ粉モノ。ソース味がしみていてうまい。角ハイボールでがんがん流し込む。

気持ちよく酔っぱらってホテルに戻り、ベッドに大の字になって一眠り。午前3時過ぎに目が覚め、部屋の冷蔵庫の缶ビール1本・缶チューハイ1本を静かにすする。また雨が強まっている。

ブログランキング(クリックでランク上がります)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dr.Hatred

Author:Dr.Hatred
トーキョーゾンビメタル「ZOMBIE RITUAL」、遅重ブラックメタル「MIASMA DEATH」、フルブラストブラックメタル「怒号」のボーカル。メタル・酒・女子・怪獣・本が好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。